<   2013年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2013年 12月 27日

amazonで買える羽ばたき飛行機

3Dプリンタ デスクトップが工房になる 3Dプリンタ出力・ゴム動力羽ばたき飛行機「インプレス・バード 組立てキット」付がamazonで販売開始です。
 3Dプリンタの知識と実際の応用例が直に手にとれ体験できる内容となっております。
d0067943_11245598.jpg

お買い求めはこちらで(アマゾン該当商品リンク)

by mayoneko | 2013-12-27 11:25 | お知らせ | Comments(0)
2013年 12月 21日

猫クラゲ派生型 羽ばたきトルネード

猫クラゲ開発で派生した物の一部公開
この方法でも浮く安定感は良い  名付けて羽ばたきトルネード 
d0067943_1352081.jpg

お互いの羽ばたき飛行機を追いかけることで上昇 
d0067943_1363218.jpg

回転するなら2重反転ペラでも良くね~とかいう突っ込みはおいといて
ヘリタイプよりは動力カットしたとき降下速度が遅いのが良いのと
同サイズのヘリに比べ圧倒的に回転数が低く当たっても痛くないというのも良い
d0067943_1392732.jpg

別パターン行きつ戻りつで、この方法でも浮くが、制御が大変
う~んシンプルから離れていく

by mayoneko | 2013-12-21 13:12 | 羽ばたき飛行機 | Comments(7)
2013年 12月 20日

とりあえず六目コウモリ

これを干して食べても、滋養強壮にはなりません。六目コウモリ
地方によっては三日月コウモリとも呼ばれている。
d0067943_16472467.jpg

コウモリと言われているがコウモリではなく
変な羽ばたき飛行をするフライングフィッシュの一種
捕獲した個体のスペックは
翼長60㎝ 体重7.2g 
d0067943_16482425.jpg

さらに亜種で穴あきコウモリと呼ばれている個体も見つかっている。
いずれも猫クラゲ探索中にゲット
そいいえば去年は黄金バットがいました


by mayoneko | 2013-12-20 16:54 | 羽ばたき飛行機 | Comments(0)
2013年 12月 19日

電動プテラ用 サーボベッド案

電動プテラ7ミリバージョン エレベーターサーボ用ベッド案です。本来ならネジでのサーボ固定は重量増から避けたいのですが、サーボは交換したいという要望があるので、ネジ止め式にしてみました。
d0067943_10423567.jpg

そういえばDELFLYが我は世界初の自律制御羽ばたき飛行機なりとビデオをアップしていました。
ギヤ機構にiBirdメカをそのまま流用しているみたいで、少し嬉しかったです。

さらにそういえば、以前デルフト大学から羽ばたき飛行機のギヤメカに使用しているテフロンチューブの入手を依頼されて、今は亡き秋葉原でパートの脇にあるラジオストアー内タイガー無線で調達したことがありました。
そのラジオストアーも11月末に閉鎖されて今はありません。
いろいろ変わっていきます。

クアッドコプターの制御ソフトのアルゴリズムを変えるだけで、ローターを失っても、安定を保てるとか
もはやベース機体開発よりも制御ソフトの方がはるかに重要になってきていますニャあ
d0067943_1053115.jpg

コメントで縦置きの方がよいとの意見も出たので
参考にサーボ縦置き2個仕様と1ッ個仕様 

by mayoneko | 2013-12-19 10:45 | 羽ばたき飛行機 | Comments(2)
2013年 12月 16日

プテラバー クランク加工の説明追加

ゴム動力で飛ばす羽ばたき飛行機 プテラバーのクランク加工の図をプテラバー組み立て記事に追加しました。
d0067943_941888.jpg

d0067943_9412636.jpg

プテラバーの3Dプリントパーツのみが欲しい方向けです。
海外の方でパーツのみが欲しい人向けに
Shapewaysのマイショップ(yamanekoya)で販売しています。
超小型飛行体研究所ショップでも3Dプリントパーツのみを発注可能です。
メールにてリクエストいただければ発注します。
3Dプリントパーツのみの価格は1500円(定形外郵便料込み)になります。
よろしくニャ

by mayoneko | 2013-12-16 09:57 | 羽ばたき飛行機 | Comments(0)
2013年 12月 13日

地球の裏側からの注文

地球儀でみると日本の反対側にあるところから、輪ゴムプレーンの注文がありました。
先方はスペイン語(たぶん)なので、翻訳ソフトだけが頼りです、はたして売買交渉はうまくいくでしょうか?
楽しみです。
d0067943_919466.jpg


by mayoneko | 2013-12-13 09:22 | よもやま | Comments(0)
2013年 12月 12日

NEKOKURAGE 幻の猫くらげ

「空飛ぶクラゲ、猫くらげはほんとにいるんですか?」 
目撃者を求め、人伝えにようやく探しあてた湖畔の東屋に住む老人に私は尋ねた。
「見たかもしれん」 髭をたらした枯れ木のような老人は空を指差す
d0067943_8521589.jpg

「2匹向かい合って飛んでいたな ほれこんな感じに 」ふ~っふ
老人は黒い竹細工でできたクラゲのようなものを紐でぶらんぶらんと上下させながら溜息をつく
d0067943_8552850.jpg

「向き合って飛ぶのもおったし 腹を擦り合わせて 飛んでいたのもおったな」
d0067943_856322.jpg

「腹合わせのほうは黒い ばってんがのっかっておったな」
d0067943_947643.jpg

「そんでも、ばってんのほうは たいていは地面でのたくっておったがな」
彼は地面に向けて両の手のひらをひらひらさせる
「この次は行きつ戻りつのヤツもみられるかもしれんて」
d0067943_13384760.jpg

「それは いつごろ?」  もしかして見られるのか?私は興奮して尋ねる
老人は竹細工のクラゲを私に突き出して、はいお駄賃頂戴とばかりに手のひらを開いて見せた
教えて欲しければ、この黒い竹細工を買えと言う事らしい 
「おいくらですか」?
 老人は指を3本立てた 300円?3000円?まさか3万円?
とりあえず100円玉を3枚出すと老人はそれを鷲づかんで
「また こんどじゃな」
と言って すっと消えた。
100円玉を鷲づかみにされたときに触れた老人のやけに暖かくささくれだった指の感触だけが
私の手のひらに残った。
湖のやさしい波の音で我にかえると。
いつのまにか湖畔は山の陰ですっかり暗くなり対岸に町の明かりがチラチラ光っていた。
いつか私も猫くらげの飛行を見ることができるだろうか? 

※猫くらげとは大きな水くらげに猫の耳がのっかったようなものが
朝と夕方の風が凪いだときにだけ空中を漂うように
浮かぶ 謎の生物である。その飛行を見たものには福が訪れると言い伝えられている。

by mayoneko | 2013-12-12 09:45 | 機体 | Comments(4)
2013年 12月 09日

Bluetoothで紙飛行機を飛ばす

Bluetoothで紙飛行機をコントロールできるキットがクラウドファンドKickStarterで50万ドルを超える資金を集めて現在も爆走中 


PowerUp 3.0 - Smartphone Controlled Paper Airplane
d0067943_8373158.jpg

スマホのコントロール画面がいけていて、双方通信機能を存分に生かして超かっこいいことになっている。
いけてますニャー

by mayoneko | 2013-12-09 08:41 | お知らせ | Comments(5)
2013年 12月 02日

12月8日は 飛行会

今年最後の飛行会 12月8日 にやります。参加見学コメントはこちらへ
d0067943_940838.jpg

そうそうこの前のMFT2013でAUTODESK社CEOの目にとまったものとして
フライングマシン(猫の舌忘れ)がこのブログに掲載されていました。
対談:カール・バス × 久保田晃弘 「3Dものづくりの未来」(1) 読みたくなったら、この左の文字をクリック

by mayoneko | 2013-12-02 09:26 | 飛行会 | Comments(0)
2013年 12月 01日

HobbyKing Pocket Quad B"="8

HobbyKing Pocket Quad V1.1 Ultra-Micro DSM2 MultiWii Quadcopte2013年10月購入モデル
まともに動かすのに超はまりました。
d0067943_9134356.jpg

いちおうMULTI WII CONFIGと連携して動くところまで確認するまでは良かったが、
肝心のファームがArduino IDEではまったく書き込めない。IDEはこう吐き出す
processing.app.debug.RunnerException: Couldn’t find a Leonardo on the selected port. Check that you have the correct port selected. If it is correct, try pressing the board's reset button after initiating the upload. (それにしたがってリセットしながらUP loadしたところで結果は同じ 書き込できずのLEDの高速点滅攻撃で撤退だ)
でもって上の言葉を頼りに検索で調べてみると世界中で同じ問題を抱えている人が、ちょぼちょぼ居るようで、HobbyKingの購入者レビューでも問題になっていたが、メーカーから回答は得られていないようだったし、RC グループのスレッドでも明快な答えは私には見つけられなかった。まあなんだかんだでクアッド関連では調べず、要はAVRマイコン atmel 32U4にArduinoのLeonardブートローダを焼いて、Arduino IDEで書き込み時に確実に認識できるようにさえすすれば、いいんじゃね?と検索する際の範囲をAVRマイコンプログラミングだけに絞って調べていき、思いついた解決策を総当りでどえりゃあ試して 今夜ようやくエラーを突き止めた。
まずメーカーで書き込まれていたフューズの値 (Atmel Studioのプログラミング画面)
d0067943_9164042.jpg

書き込めないモデルはFUSEの値を間違えて製造メーカーが書き込んでいることが解った。
( ここを直したら動いたから たぶんここだと思うだけなんだけど)
いろいろ辿って、正確なFUSEの値を入れなおした画面
d0067943_917028.jpg

違いが解るだろうか?
そうFuse Register Value High 0xD8 とある部分が 出荷時は0xDB となっている。
正しい corect な値(value)は Fuse Register Value High 0xD8
8とB) 似てるよね~ (あるあるって感じ)
d0067943_9174714.jpg

あとこのPocket Quad基盤の端子表記は素直に受け取って、気を利かせてクロス接続などせずに同じ文字の端子同士を繋がないとAVRISP MK2で書き込めない点も超注意。画像ではわかり易くするため線を少なく描いているが、全部それぞれ対応するところにつなぐこと、あとマイクロクアッドにリポをつないでおかないとAtmel Studioでは認識されないので、その点も注意なのと、モーターコネクタ外しておくのも必須。 Arduino IDEやMulti wii config接続のときはリポはつながなくてもOK モーターもつないでいてもOK
いやあ 今回問題突き止めるまでしんどかった、なんだかんだで開封してから、時間を見繕ってはWEBで探り試行錯誤・挫折撤退・放置をちょぼちょぼ繰り返し、解決まで一月近くも経ってしまった。その分 まともに動くようになったときは超嬉しかったあ  でも動かない間はすんごく、ぐったりした。 やれやれ
でもこの値の変更がどのようにして問題解決に効いているかは良くわかっていなかったりもするw
まあ動いたから これでいいのだ ようやく次のフェーズへ進める 
そうそうモーターをスタート(回す)させるためには儀式が必要なようで、ラダースティックを右か左に一杯切ってセフティーモードから抜け出る必要がある、モーターが回せる状態では基板上のLEDが連続点灯になるので今飛行できるかどうかはLEDの状態でわかる。メンテナンス中に不意にモーターが回らないように、普段はLEDが消灯状態(モーター回らない)ように、ラダーステックを消えるほうへ一杯きる儀式を心がけたほうがよさそうだ。
モーター 回らない クアッドコプター とかで検索で来た人は参考になるかも
広場でクアッドに詳しい人からおしえてもらったところ
(モーターオンオフ、各センサキャリブレーション、トリムなど)の設定はプロポ上からもできるようになっていて大変便利だと解った
d0067943_16292274.jpg

くわしくは
モード1 (左スロット) はここのページが参考になる
モード2は(右スロット)はこちら

by mayoneko | 2013-12-01 00:08 | フライトコントローラーFC | Comments(6)