<   2014年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

micro零から中零へ

様々な方々から製作レポートをいただいているMicrozeroプランを4CH仕様で試作してみました。
d0067943_10175369.jpg

できたら即飛ばしたい性分なので、その辺で軽く飛ばしてみたのですが、なかなかいい感じです
飛行速度は遅く、余剰パワーでグリグリもまあまあできるし風にもそこそこ強いので
20M立方の空間があれば十分に飛行を楽しめます。
インドアで小さな体育館でも楽勝でしょう。(次期相互通信型IRD機体にいいかも予感)
受信機は3g台のもの、1.7gサーボ2個でエレベータ、ラダー 2gサーボ1個でエルロン
ブラシレスモーター20Wタイプ12Wタイプ2セル用を1セルで使用 缶径15ミリ 
GWS5030 160mAリポ1セル 機体材料は45倍5ミリ厚みEPP板
翼幅45センチ 翼面積約 4.5d㎡ 総重量47g 翼面荷重 10.4g/d㎡
この楽しい飛びを早く誰かに見せたくてうずうずしています。

by mayoneko | 2014-04-30 10:33 | 機体 | Comments(7)
2014年 04月 29日

5月18日 飛行会どえす

d0067943_854024.jpg

5月18日に飛行会やります、いい季節です よろしくねん
参加コメントはこちらへ 

by mayoneko | 2014-04-29 08:17 | お知らせ | Comments(0)
2014年 04月 16日

4月20日は飛行会です。

d0067943_823531.jpg

4月20日に飛行会やります。参加見学はこちらへコメント入れてお越しください。
2週間前はひょろっこかった子猫もやや中猫になりかかり始めています。
あっというにゃ

by mayoneko | 2014-04-16 08:05 | お知らせ | Comments(0)
2014年 04月 14日

痛鱈 痛Taranis 調教パート5 サウンドテスト

ここまで2週間 子猫が家に来て先住猫と馴染むまでに2週間かかりました。
d0067943_953331.jpg

大体馴染むのって2週間くらいかかります
鱈 Taranisも書き込む環境が整えられると、かなり馴染んできました。
んな訳でカスタムファンクションスイッチに音声ファイルを紐付けてみました。
痛鱈のできあがりです

Soundは一部とあるゲームから拾っていますが、基本Cevioという音声創作ソフトのフリー版で喋らせています。
テキストを打ち込んで読み上げて貰うのですが、イントネーションの調整がなかなか手ごわい
何百回と同じ言葉を聴き続けていると、頭がやばくなってきます。
素直に文字をうつと。発音どういじっても駄目なときもあるので「エンジン出力てえか」とか打ち込んでいます。
d0067943_1043422.jpg

音素のトーンと長さの調整が肝のように感じます。
いまのところTranisの各スイッチに音声が割り振られていますが、将来的には機体からの情報で喋る言葉を変えられるようにカスタムしていく予定です。
d0067943_10154488.jpg

243さんはすでにIRDで機体が打たれたときの変数を織り込むテストも始めています。これは当分楽しめそうですよ~ 
「IRD戦闘モード」というWAVEファイル公開中です。ここにあります。ダウンロードして聞いてください
外で聞くように音圧高め200%にしてありますのでボリュームに気をつけてくださいニャ
音声ファイルwave データフォーマット PCM(のLossless)ビットレート512K

by mayoneko | 2014-04-14 10:16 | Comments(7)
2014年 04月 11日

鱈調教パート5 スプラッシュ

送信機を起動するとわずか2秒ほどで消えてしまうSPLASH画面
d0067943_9235547.jpg

パソコンを立ち上げたときに出る起動画面のようなものですが、ここを自分好みに絵に変えると
送信機の電源をいれたときにニヤリと気分が上がります。(きゃあhentaiっ)
TARANISの起動画面(SPLASH IMAGES)を変更したいときは
ファームウエアの変更が必要となります。ファームウェアの変更はCompanion9Xで行うことができます。
ファームウエアの書き込みを行うには、STM32-BootloaderをUSB経由でデバイスドライバに認識させる下準備が必要となります。手順としては送信機の電源を切った状態でUSBケーブルでPCに鱈を接続すると自動的にSTM32-Bootloaderがインストールされます、デバイスとプリンターで確認すると一番下にSTM32-Bootloaderが現れているはずです、この状態でZadigというソフトを使ってSTM32-BootloaderをUSB機器として認識させます。詳しくはこちらのページの一番下を見てください。成功すると以下のような画面をデバイスマネージャーで確認することができます。
d0067943_9464056.jpg

カタカナのユニバーサルではなく英語のUniversalのほうのタブを開けば確認できます。
d0067943_1011375.jpg

次にCompanion9XのギアのアイコンをクリックしDFU -Util Configlationで DFUーUTILTY.exeのありかを指示します。
d0067943_1003089.jpg

大抵はプログラムファイル内 x86フォルダにあるCompanio9Xの中にあるDfi-util.exeを指定します。
大抵と書いたことは後で説明します。
d0067943_9513398.jpg

このあとPreferesesでSpalash imageで好みの212×64のグレースケール 4bit BMPファイルを選んだのち後、
d0067943_1024594.jpg

Write flash memoryボタンでファームを焼くのですが、上手くいくときといかない場合があります。
上手くいかない場合は下記のようなエラーメッセージが出ます。
d0067943_1022247.jpg

DFU Util done - exit code 1 このようなエラーが出たときは別の場所にフォルダを作り、そこにDFU -Util.exeを移しその場所をDFU -Util Configlationで指定すれば、上手くいきます(私の場合そのパターンでした。Companion9xインストールでできるx86内Dfi-util.exeを指定しないときはTこちらからドライバーをダウンロードしTaranis Driversフォルダ内のDfi-util.exe指定します。
全て上手くいくと以下の画面がでて万歳となります。
d0067943_10103065.jpg

わずか2秒のドラマにかけるにしては大した手間ですが
まさに自己満足の極みを攻めるのも一興ではないでしょうか。
そういえば一番大事なことを書き忘れていました。
送信機のファームをWrite flash memoryで焼くときは送信機の電源はあとにも先にも切ったままだということが
大変大事です、ファームを焼くときは送信機の電源は入れてはいけません。
この次はモデルデータについて語りたいと思います。
つづくと思う たぶん

by mayoneko | 2014-04-11 10:14 | 送信機 | Comments(0)
2014年 04月 09日

ドイツの空を飛んだプテラバー

ドイツの模型飛行機仲間からShapeways経由でメールが届きました。
I bought the pteranodon and completed it. It made its maiden flight in a park in Munich, Germany - what a great little machine! Recently it was inspected with curiosity at our local maker's club.
猫翻訳だと「プテラノドンを作ってドイツの公園で初飛行をしたよ、まじすげえ、地元のクラブで好評だぜ」
と大変嬉しいメッセージで所員大感激~
d0067943_8195531.jpg

さっそくブログに載せる許可をとったところ
Of course, no problem - please use the photo. Quality of the photo is not very good, though - it was a snapshot taken during local "otaku" meeting...
「もちろん、その写真は地元のオタクオフ会の様子だよ、あんまりいい写真じゃないけど使ってくれ」
Recently I also ordered your motorized version through my brother (名前は伏せます), who lives in Japan. I will get it next time I meet him
「ちょうど日本に住む私の弟に電動プテラ改を頼んだところだ」
そうかあ、つい最近電動プテラ改を日本の、とある宇宙研究所に所属する方に送ったばかりなので名前を確認すると
おお 確かに同姓ではないですか。そうかあの超難しそうな宇宙研に勤めている人のお兄さんなのかあ
なんで宇宙研が羽ばたき飛行機?とか思っていたのですが、
そうかそういうことかあ
面白いなあ 
プテラノドン型羽ばたき飛行機作ってよかったなあ
としみじみ思う所員なのでした。
d0067943_8281324.jpg

Shapewaysのショップで販売しているプテラバー
d0067943_8283496.jpg

DMMのショップで販売しているプテラバー

by mayoneko | 2014-04-09 08:55 | 羽ばたき飛行機 | Comments(4)
2014年 04月 08日

プテラバー改 3Dプリントパーツ発売+

3Dプリントパーツを使って作るプテラノドン型ゴム動力羽ばたき飛行機 
プテラバーが少し進化しました。
購入はこちらで(3Dプリントパーツのみ)
d0067943_1343362.jpg

今まで差し込み式だった尾翼を改め2ミリのタッピングビスあるいは2ミリのネジで尾翼を固定する形に変更しました。この改修により、水平尾翼の跳ね上げ角度の微調整がやりやすくなり、調整後ネジを締めこむことで、より安定した調整済みの飛行状態を長く保つことを可能にしました。
d0067943_1213062.jpg

またクランクロッドを一部改修し
今まで翼前縁がクランクの構造により不揃いだった部分が一直線になり羽を貼るときの精度が上げやすくなりました。
d0067943_12245942.jpg

3Dプリントパーつのみ 3機セット(送料込み) 3200円 
こちらで購入できます。
組み立てマニュアルはこちらで
組み立てビデオはこちら

マニュアルとビデオいずれもプテラバー改ではありませんが基本組み立て方は今回の改修分以外
変わりはありませんので、問題なく組むことができると思います。
解らないことがあればコメントください。

by mayoneko | 2014-04-08 07:46 | お知らせ | Comments(0)
2014年 04月 06日

鱈調教 パート4 メーカー別チャネル順を乗り越える

Taranisを調教するためにパート4 ここでPPM信号のざっくりおさらい。
d0067943_1232932.jpg

基本、仮に8CHとすると信号データの長さはおおよそ(各CH情報2000μsec×8ch+ 信号の区切りギャップ判別)
そんなことよりもメンドクサイノが各社ごとの信号順で大体20mmsec程度でという理解でOK??
フタバの信号順 エルロン エレベーター スロットル(リバース?) ラダー 表記 AETR
JRの信号順   スロットル エルロン  エレベーター ラダー   表記 TAER (個人的はこちらのほうが好み) 他のは手元にないからわかんにゃい
d0067943_11191978.jpg

(この画像はフタバ用で設定した状態)
なんだけど、基本PreferencesとGeneral editではまず基本の信号順を決めなければならない。
JRのモジュールが運用主体であれば 信号順はTAER になる
(JRのモジュールはそのまま無加工で使える ただし12X用などは使えない縦5ピンタイプモジュールのみ)
PPM設定に関してはこの画像 
(PPM Delayに関しては誰かオシロで効果を確認した人いる?知っている人いたらコメントプリーズ)
RF module2設定 JR
JRの場合Frame lengthをいじるとニュートラルが変わる
私の場合21.5でニュートラルがあったが他の人のは解らない。
d0067943_11145953.jpg

フタバのモジュールの場合は信号順はAETR 
(フタバのモジュールは両面テープかなにかで送信機裏に貼りつけて、信号線とプラスマイナスを繋げばOK)設定に関しては243さんのページが参考になる)RF module2 設定参考画像
)Futabaの場合Frame lengthは20とかにしても問題なく動く ニュートラルはずれない。
d0067943_11152064.jpg

どちらにしてもMIXで最終的に送信モジュールに入る信号順はどうとでも入れ替えられるので、使用頻度の高いモジュール優先
d0067943_11252543.jpg

(こちらはJR用に設定した場合 TAER に注目)
要はDfalt Channel order(Preferences) と テンプレート用チャンネルオーダー(General edit)を設定しておけばいいのかなと思う。 テンプレートで何パタンか作っておくという方法もとれるやも
で各モデルごとにモジュールを入れ替えたりしたいなんて子は「もうこの欲張りさん」なのだが
RF module2 設定は各モデル名に紐づけられているのであとは
モデルごとに各種モジュール信号順にあわせてMIXでCHを入れ替えることで対応できる。
「どう満足?」って訳 この機体太郎はJRモジュール あちらの機体次郎はFu
taba そっちの機体三郎は自作赤外線とかね、名前を選んでモジュールを変更するだけで送信機一台で対処できるつーこと 
d0067943_11353437.jpg

(この画像は基本フタバ設定 AETRでありながらJRBASICモデルを選んだときにJR向けにMIXでTAER に変えているというのを表しています)
というか鱈使ってない人には
「何を言っているか解らないかもですが、私も良く解っていないので」
それでも、なにかの誰かの参考になれば幸いニャり

by mayoneko | 2014-04-06 12:04 | 送信機 | Comments(3)
2014年 04月 04日

鱈調教 やっぱ基本はPreferences

Tranis(通称 鱈)の調教 パート3 
d0067943_222523.jpg

時には回り道も必要ニャ
Companion 9Xを楽しく回り道しながら、いろいろいじり倒している途中で気がついたのが、
やはり基本設定 File→Preferencesは大事
d0067943_10365052.jpg

ここでMode切り替えはもちろんのこと、各音ファイルや画像ファイルフが入ったフォルダのありか(Path)
をしっかり設定しないと、音絵に関する設定をいじるときに、いろいろ困ることになる。
なにをおいても一番先にしなければならなのは Firmware 設定でここでTaranisを選ぶ
続いて、 Default stick mode でモードをお好みのものに 
SD Structure Path で画像や音声ファイルが入ったSDカード
(実験だけならPC上のフォルダでも指定できる)
をしておく、Splash Imageとか関してはまだ未検証
これらの設定をしっかりしておくと
d0067943_10462121.jpg

カスタムファンクションウィンドウで割り当てた PLAY Sound や Musicなどを再生するための
各データファイルの一覧が表示されるようになる。Path指定ないと ---- しか表示されない。
d0067943_10481717.jpg

SD Path指定することで、各モデルごとに好きな機体画像を割り振ることもできるようになる。
d0067943_1110577.jpg

お試しはAlulaで試した。自分の機体を撮影して白黒化しサイズ(64*32)にしBMPフォルダへ入れておけば
自分の機体画像を登録することもできる。(はず)
Splash imageのサイズは212×64 グレー ?階調 BMPファイル形式
d0067943_1052921.jpg

ちなみにModel edit画面のシミュレーターでは画像が出ないので、
モデル選択ウィンドウ この画面ではDocumentという名前でひらかれている
のシミュレーターで画像が出るかどうかは確認できる。
これで画像と音はなんとか認識させられることが解ったが
243さんによるとシミュレターでも音が出るらしい。私は最初から出なかったので
本体でしか駄目なのかと思っていたが・・・
どこかシミュレーターの音のONOFFするような箇所があるのだろうか?(触った覚えもないが)
う~ん謎 それともPC上で音ファイルを再生する際のアプリを指定しておく項目がどこかにあるのか?
ワカラニャイ・・・ Simulater capture folderが怪しそうではある
言葉の真の意味を正確につかむのが一番の早道か |A|とか何よ?
つづく
鱈達人の方のアドバイスコメントお待ちしております。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~つづくのか

by mayoneko | 2014-04-04 22:26 | 送信機 | Comments(4)
2014年 04月 03日

鱈調教 方言の壁を乗り越えろの巻

Taranis(通称 鱈)の調教の続きです。〔この記事は元記事にも追加されています
d0067943_840593.jpg

なんとかJRのDSM2送信モジュール TD2.4LPを起動させることに成功した猫所員ですが
舵が逆に効いているようです、でよくあるプロポのリバース設定をしようと思ったのですが、ここであっさり
つまづきました。リバース設定がない いったいどこにあるんだっ!いくらページをめくれどないわあ 
Sticksの設定ページか それともMIXか あちこち怪しいところをダブルクリックして小さいウィンドウを開いて
設定箇所を見つけようとしますがみつかりません。
まじかあ 解らんわあ・・・ もう総当りでいろなページをポチポチして探るしかないわー
「リバースはどこだああああああ」 (AGじゃないよ)
d0067943_825397.jpg

でコンパニオンのEditing model ウインドウ内Limitsタブに見つけちゃいました。
(鱈本体だけでも設定できます7ページ目SERVO設定のところにあります)
d0067943_8341631.jpg

キーワードはINVERT(逆にする) まさにそのもの リバースに洗脳されすぎ 
ここでサーボ信号のニュートラル位置や振り幅もいじれるのでトラベルアジャスト(可動範囲)の設定も行うことができるようです。

はい今日の大事なところ リバースはINVERT ページはソフトならLimits 本体ならSERVO

あれ新人寝てるわ

by mayoneko | 2014-04-03 08:42 | 送信機 | Comments(0)