<   2016年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧


2016年 03月 29日

超小型飛行機達のフライングサーカスごっこ

よってらっしゃい見てらっしゃい 世にも珍しいラジコン飛行機の連続輪くぐりだよ

超小型軽量ラジコン飛行機なら、テレビゲーム パイロットウィングなんちゃらのような輪くぐりも
バーチャルでなく現実でありながら超簡単 くぐれた時の快感はゲームを遥かに上回ります。
くぐれるようになるまで墜落しまくっても、機体は軽いから壊れません(私以外は)
難易度は翼面荷重(飛行機の重さを翼の面積で割った数値)で上下します。
(機体サイズは輪っかに楽に通るサイズってことで)
例えば翼幅30センチ 翼弦6センチの1.8dm2の面積を持つ主翼を持つ飛行機だとすると 
翼面荷重     簡単さ        電池込み総重量
1g/dm2以下なら Very EASY      1.8g以内
3g/dm2程度なら EASYモード      5.4g程度
5g/dm2程度なら Normalモード     9g程度
7g/dm2程度なら Hardモード      12.6g程度
10g/dm2以上ならVeryHard       18g以上
てな感じ 
ちなみに殆どの機体がスロットルとラダーの2チャンネル操作 たまにエレベーター付き3CHがいます。
成功率はいまのところ2ch機体がダントツです。軽さゆえのスローな飛行がものをいう世界です。
リングはステックバルーン製(ふしみさん風船放出ありがとうございました、次回は私も在庫処分します)
で作った外径1m程度の輪っか 翼幅30センチ程度の機体なら楽勝♪ なんですが
はい 一番下手くそで風船割りまくったのは私です
最後には割れた風船がムチのように機首に当たって
10年選手のトラタヌ ニャイパーカブの初大破にて首ちょんぱw
次回はペラの周囲をもっと丸めておきます(反省)
こんな遊びが出来るのも室内超小型ラジコン飛行機ならではの魅力です
ラジコン初めての方でも1時間も飛ばせば飛行会中にEASYモード機体なら輪くぐりできるようになりますよん。
こんな遊びが待っている次回インドアエアプレーン飛行会は4月17日です。
次回もイッパイくぐらせますよ~

by mayoneko | 2016-03-29 12:20 | 飛行会 | Comments(2)
2016年 03月 27日

ラジコン潜水艦の水中撮影 Ricoh WG-M1

アクションカメラ Ricoh WG-M1に自作水中自撮り棒を装着して池で遊んでみました
ラジコン潜水艦はやはり (・∀・)イイ!!

ビデオの終わりで流れているグォングォンって音は自作潜水艦のマジものリアル潜行音です、
いい音してるん
天気予報ではこの日は寒く曇りの予報でしたが、午後は晴れて暑いくらい
オヤジたちも、読みが当たって沢山湧きました。
詳しくは追記で、 ふい~ ビデオ編集終わったあ 寝る


遅く起きて 今追記
d0067943_1115749.jpg

晴れるか 晴れないか 暖かいか 寒いか ????
この日の朝、天気予報を見て今日の行動を決めようと思った、おじさん達はなんだかんだで、
舟あそびしたい衝動に負けて、天気予報を半ば無視して 現場にいかないと本当のことは解らない
たぶん晴れる、たぶん暖かい、多分誰か来るだろうという賭けに出たのではないでしょうか?
私もですが
辻堂の天気は昼ごろまでころころ変わり、暑い、寒い、風強い、風ないがくるくる変わりましたが
午後1時をすぎる頃から安定しだし、3時頃は水面に反射してくる陽射しで顔が焼けて、ヒリヒリするほど暖かい水物日和となりました。この日はかんたさんの自作FRP潜水艦が一番の主役
d0067943_1121761.jpg

チュウハイのカップを利用した防水区画はまあまあいい感じのようです、サーボのリンケージから少し漏水するそうですが、直ぐに走行不可能になるほどではありません。FRPの自作船体の出来がまさにプロのそれで、皆の質問攻めにあっていました。130モーター水中放置でも大丈夫そうです、この日は大丈夫でした
ちなみに6ミリや7ミリのコアレスモーターは水中放置パターンで遊んで一年が過ぎましたが、問題なしです。
スタンチューブの抵抗もないので効率よくスクリューが回せ工作も楽なのでお手軽水物にオススメのやり方だと思います。
d0067943_111949.jpg

私はアクションカメラ曳航用のボートのテスト航行をしました。
なんかこの日はやたら水上での衝突事故でひっくり替えるパターンが多く船体が水没して、
買ったばかりのアンプが早速一つお亡くなりになりました。
ああまだカメラも曳いていないのに、今日は水上高速撮影はおあずけです。
d0067943_1113121.jpg

つづいてエクラノプランもどきのテスト、ん~前のめりになり過ぎで綺麗なトラタヌ通りの速度になりません、
モーターの位置を前にし過ぎたようです、それにしても横風に弱い
これまたスピードボートにつづいてひっくり返り、風裏に逃げても突風でひっくり返り、
あか~ん 実験中止
d0067943_13185220.jpg

こんな時は木製ヨットで癒やされます、
動力を持たないヨット いいわ~ 1Chのラダーのみの操作ですが
背中から風を受ける状態でも、ちゃんと浅い角度ですが風上に進み、ジグザグと手元にヨットは帰ってきます。自分の操作による航路の組み立てがとても面白いです。
行って良かった池遊び。次にみんなにあえるのはいつかな?

by mayoneko | 2016-03-27 11:35 | 船舶艦船 | Comments(7)
2016年 03月 24日

エクラノプランもどき

エクラノプランもどき 速猫 (はやねこ)
d0067943_21323449.jpg

全長25センチ 幅18センチ 6ミリツインモーター 160mA1セル
d0067943_22161421.jpg

去年実験していた省エネ型高速艇の教訓を活かして製作中
風呂場で試しては切り貼りしてるんで、すでに傷だらけです。
d0067943_14271963.jpg

ふしみさんのコンパクトな6ミリツインモーター スピードボート
d0067943_14291349.jpg

私のデルタ翼型7ミリツインモーター艇の良い所を合体
d0067943_1454798.jpg

今回は前重心をこころがけ、前回のテストで感じた、後部フロートの離水ができるだけスムースに行えるように心がけました。
前回の航行のようすはこんな感じです。50秒台当たりからみるといいかも

このビデオの速度くらいで走る船を作ろうとすると
水中のプロペラスクリュー型では少なくても電力((14W程度)やスクリュー形状の追求が要求されますが
空中のプロペラで軽い艇体を引っ張ると電力(5W程度)で簡単に走ります。
d0067943_1454524.jpg

ただ重心位置が高いため 横風がつよいと簡単にひっくり返るんですよね (笑)
今度の土曜日 寒くないといいにゃあ

by mayoneko | 2016-03-24 22:03 | 船舶艦船 | Comments(0)
2016年 03月 23日

中華三昧にひと味加える

お知らせ 3月27日は室内ラジコン飛行会です。参加される方はこちらへコメントをよろしくお願いします。
d0067943_9443132.jpg

中華製オモチャラジコンボートに中華製スピードコントローラーを加え中華製のリポ電池でビュイ~んて動かす
まさに中華三昧(ふしみ師匠その素晴らしい言い回しいただきました)といった改造を施したあと
d0067943_22524423.jpg

さらに師匠にならって中華三昧にひと味加えてみました。
3Dプリンタで上モノをでっち上げ搭載
昭和のアニメ世代、ガッチャマン風とでも申しましょうか オヤジ臭のする仕上がりとなりました。
幻のG6号ということにしよう。
誰だ 誰だ 誰だ おれのパンツを脱がすやつ♪ 

by mayoneko | 2016-03-23 07:00 | 船舶艦船 | Comments(3)
2016年 03月 22日

DX5eのモード変更のやり方

国内で購入できるDX5eはMode1モード1仕様です
これをMode2モード2に変更します。(改造ではありません、変更です)
まず裏蓋の6本のネジを外し、前後に送信機ケースを割ります。
その際アンテナコードなどが千切れないように気をつけましょう。カバーを割ったあとでプラプラしないように
マスキングテープなどで浮いたパーツをどちらかのケースに止めておくと安全です。
続いて送信機の下にある一番大きな基板を止めているネジを外し、裏返します。
d0067943_21344671.jpg

基板の画像ですが、コネクターを外してあります、実際の作業ではコネクターを外す必要はありません。
送信機の表からは見えていなかったJR_SWと言うスイッチがありますので
そのスイッチを下にします。これでこの送信機はモード2になりました。
直ぐに基板をネジで取り付け直します。つづいてジンバルのパーツの一部を入れかえます。
ジンバルというのはスティックの動作をボリュームに伝えるための機構のことを指します。
d0067943_21382927.jpg

矢印のようにこれから紹介するパーツを入れ替えます。
しつこいようですが、コネクタを外す必要は全くありません。
入れ替える前に左右のスティックを動かして、ジンバルがどのような仕組みで動いているか、
良く観察しておいてから次の作業に移って下さい。
d0067943_213971.jpg

手始めに左のジンバルの金属板を入れ替えます。この金属板はスロットルステイックのカリカリ感を出すためのもので、ネジの締め付け具合でカリカリのフィーリングを変更できます。モード2への変更のついでに自分にとって一番気持ちのよい感じに調整するのも、いいかもしれません。気にしない場合はネジを一番奥まで締め込みます。
d0067943_2143540.jpg

つづいて右のジンバルの矢印の位置のパーツを外します。
このパーツはステイックをセンターに保持するためのパーツです。ネジの締め込み具合で
センターに戻る力加減を変更することができます。
d0067943_21442674.jpg

外すパーツは3つです、外す順序はスプリング上部を外してから、スプリングを外し
ネジ付きのプラパーツをネジを緩めてネジごと外します。
あとはシーソーのような動きをするプラパーツを外して、外す作業は終わりです
この作業のさいスプリングをラジオペンチなどで取り外しするのも良いのですが、クリップなどで先を少しだけ曲げたスプリング掛け外し工具を作っておくと、スプリングの掛け外しがとても楽になります。
d0067943_2146942.jpg

スプリングをプラパーツにセロテープで仮止めした状態で、プラパーツとスプリングを
同様の機構のパーツの状態を参考にジンバルの底に通します。モード変更の作業で一番器用さを要求される作業ですが、セロテープで図のようにスプリングを仮止めしておくと、圧倒的に楽に作業できます。(コレ以外のうまい方法を誰か知っていたら教えて貰えると幸いです)
d0067943_2149487.jpg

先ほど作った、スプリング引っ掛け工具を使ってスプリングを引っ張り上げ、ネジがついたプラパーツの爪に
引っ掛けます。ネジを上下させて、センターに戻るフィーリングを好きなように設定したのち
送信機の裏蓋を閉めて、ネジを付け直せば、モード2への変更作業は終わりです。
DX5e以外のDX6や他のプロポなどで液晶画面がある送信機ではスライドスイッチの変更は必要なく、液晶画面の設定でモード2へ変更し上記のような方法でスロットルの金属板とエレベーターのスプリングを入れ替えます。以上です。
こういった作業のついでにジャマなアンテナの出っ張りを少し引っ込めるのも楽しい作業です。
引っ込めた分のユルユルはガムテープ等で隙間をなくすと良いです。

by mayoneko | 2016-03-22 22:10 | 送信機 | Comments(0)
2016年 03月 22日

ラジコン飛行機入門

2016年3月22日現時点での超小型飛行体研究所流ラジコン飛行機入門をここに記す
関東にお住まいの方はこちらの室内飛行会へ遊びに来るのが
一番でホットでナマの情報と操縦体験が手に入りますが、
ラジコンまったく初めての方へのアドバイスは大体以下の文言が繰り返されますんで、まとめてみました。

近所で気軽にちょっと遊べれば、
「いいやあ」
てな人向けに、ずばり、私がおすすめの機体はこれです。
必要な最低飛行エリアは10M四方 もし25M四方あれば大満足です。
重さは17g~22gと軽量なので模型飛行機となり航空法改正対象外。飛行に際して許可等は不要です。
d0067943_1244445.jpg

Night Vapor
次点ではこれ
UMX Spacewalker BNF
(ちなみにこの機体達はパークプレーンやマイクロと呼ばれるカテゴリーに入り、そう呼ばれる中で他にもカッコいい機体がたくさんありますが狭い場所で楽しく飛べるかどうかは全ては機体重量に左右されるため、上記にあるような広さの飛行エリアで楽しく飛ばしたいのであれば、重量は50g以下のものを
d0067943_12474154.jpg

このセットはBNFタイプ(送信機だけがはいっていません)なので、送信機を別途買う必要があります。おすすめの送信機はこれです。
Spektrum DX5e 5-チャンネル 送信機のみ, Mode1 (DSMX)
d0067943_12501785.jpg

予算に余裕があり、もう少し凝っちゃうかもな方には、こちらをお勧めします。
Spektrum DX6i 6-チャンネル 送信機のみ, Mode2
か、あるいはこれのMode1タイプ
d0067943_12504738.jpg

上の2台の違いは、下のほうが少し細かく設定が出来る機能付きで設定のための液晶画面がついています
細かい設定てのは、多少飛行機に詳しくならないと大していらない機能ですが、少しこの道にハマりだすと
欲しくなる機能です。
逆に全部指先の技のみでシンプルな方がいい方は上の液晶画面が無いタイプのほうが
設定での混乱が起きず簡単で確実です、デジタル時計の設定などにうんざりな方は特に上をお勧めします。
ちなみにMode1 Mode2の違いは以下に述べますが、これは購入後でも送信機の設定を替えることで変更可能です。モード変更のやり方はこちらの記事を参考にどうぞ

これらの送信機を勧める理由は、青空の下で狭い場所でゆっくり飛べる超軽量や超小型の自作飛行機を作りたい人には、これしか選択肢がないからです。
飛行機は軽さが命です、受信機の重量が重いとそれだけで飛行が大変になります。
現時点では軽量(1g以下)の受信機でないと超小型軽量の飛行機はいい感じに飛びません。
そういった超軽量受信機を制御できるのは上記の送信機だけです。
超軽量の受信機はこちらで購入できます。

上記のセットだけでとりあえず、本格的なラジコン飛行機入門は可能です。

えっ機体を自作したい、そんな貴方はにはこの本をどうぞ
我らインドアエアプレーンクラブのメンバー陣が執筆した
みんなで作ろうインドア・プレーン  CQ出版
d0067943_239925.jpg

7年ほどまえの情報ですが、機体設計は古くなりません、最新機材を使えば、さらに飛行性能UP間違いなしです。
あと このブログのあちこちを掘り返すと、様々な自作メソッドやリンク先が埋まっています。
無尾翼機 自作 とかこのブログ検索窓で検索してみてください

さてここからはModeの話になります (車で言うと左ハンドル車選ぶか右ハンドル車選ぶかみたいな感)
グダグダと長い文章なので、こまけーことはいんだよ的な人は日本で入手しやすいモード1をそのまま使うのが一番楽ですし
以下の文章を読む必要もなくなりますので時間の節約にもなります。

では以下長文(お覚悟を)
モード選択については趣味的に非常に宗教的な問題なので、以下の文章を参考にしたり
ラジコン モード1 モード2 などのワードで検索したりして、ご自身で納得の上 選択してください。
モード 教徒 宗派 とかで検索すると関係ないもの出てきますんでご注意を。

実際趣味の問題なんでMode3とかMode4とかでも全然OKなんです
ただし、あるモードでの操縦感覚が指先へ染みこむと、他へのモード移行は困難が伴いますので
ここが思案のしどころでもあるんです・・・楽しく悩めばいいと思います。

例えば、国際的主流かも言われてモード2を選択してラジコンを楽しみまくったのちに
もし宇宙人と戦争になって、混沌とした世界の中で生き残りレジスタンスしている時に
偶然アメリカ軍ドローンと操縦機を手にいれたときは「嗚呼 モード2で良かった」と思うかもしれませんが。
もし自衛隊のドローンを手に入れた時は「くそう モード1だ」とかなるかもしれません。
(あくまで想像です、各軍ドローンの操縦体系は知りようもないですから)

Mode(モード)とは送信機に生えている2本の棒(スティック)に
飛行機のどの動作を割り当てるかの配置のきまりです。
一応Mode1~Mode4までありますが国際的主流はMode2です
左ステイックがスロットルとラダー 右ステイックがエルロンとエレベーター
オモチャやクアッドコプターに付属の送信機もこちらが主流です。

次に日本独自とほぼ言い切っていい配置がMode1と呼ばれるもので(イギリス系 チラッ)
左スティックがエレベーターとラダー 右スティックがエルロンとスロットルです。
繊細な競技飛行演技ではウンねんかんぬんとかいろいろ、
日本人ならではのこだわりぬいた配置と聞きかじっております。
故に日本各地の野外ラジコンクラブで指導を受ける時などに、先輩から教わりやすい配置です。
海外赴任先で習う場合はMode2が良いです。
フランスでは年配の方がMode1を採用していましたが、近頃の若者はグローバルなMode2に移行していると伺いました。ソースは、うちのクラブに出入りしているフランス人ラジコン愛好家

いずれにせよ、たいていの送信機は簡単に各モードに切り替え可能ですが、
人側の指先モード切り替えは大変な困難を伴います。

ちなみに私はモード1で40年過ごしてからの、モード2への改宗派です。
仕事関係でもモード2を推しています。
グローバルな視点で見た場合こちらのほうが何かと有利だからです。そんな私が
なぜ40年近くもモード1だったかは昭和中頃の日本ではモード1の送信機しか売っていなかったためで、モード2が入手できるようになってからも、モード1を使い続けていたのは癖から抜け出れずに改宗中に飛行機をあまり落としたくなかったという点にあります。今のジャイロ搭載機と違って指先が迷ったら飛行機が即墜落しちゃうような時代でしたから。模型飛行機の操縦は一瞬の指先の判断で操縦するような状況が多く、特にアクシデント時には頭で考えるより速く指が動く必要に迫られます、そのため日頃の訓練というか慣れ染みこみが必要なため、一旦どちらかのモードに慣れてしまうと、そう簡単には変更することができなくなります。私は歳をとってからの移行だったので3年近く掛りました。今でも極たまに混じります(笑)
感想としては右ステックの割当が実機の操縦桿と同じで私としては楽しいモード2に慣れてきたので
モード1へは戻りたくないです。

もしこの記事を読んでラジコン飛行機を始めて
飛ばすことが面白くなって、この先へ進みたくなった時は、このブログへ質問してみてください。

余談ですが 想像だと
ドローンレースとかでは左スロットル、エルロン 右 エレベーター、ラダー(モード4)
左エレベーター、ラダー 右スロットル 、エルロン (要するにモード1)
のようなスロットルとラダーが切り離された配置のほうがいいように感じます、あくまで想像ですが。
スロットル操作(高度処理)への舵混じりが無いほうがいいかなあと、高度保持機能が進化すれば、なんでもいいでしょうけど。

by mayoneko | 2016-03-22 14:40 | 飛行会 | Comments(0)
2016年 03月 22日

アクションカメラ曳航船 オモチャボート改造

お知らせ 3月27日は室内ラジコン飛行会です。参加される方はこちらへコメントをよろしくお願いします。
去年しばらく遊んだ1700円オモチャボート (1200円でゲットできた買い物名人もいるようです)
HT◇安全ストップ機能付スピードボート型ラジコン船「MARINE WARSHIPS」

と998円GoolRC RC ESC 20A ブラシモーター スピードコントローラー 切り替え可能 ブレーキ付 RC ラジコン カー ボート タンク
2個を合体してアクションカメラWG-M1の曳航ボートにでっち上げようという企み
d0067943_18273024.jpg

注文してから20日ほどかかって、やっとこ届いたアンプですが、速攻バラしました。
わたしゃあコードがグルグルんと余りまくるのが割りと嫌いなので、スピコン(スピードコントローラーの略)からコードを一旦外して、短くしてからハンダ付けし直しました。
コードを外す前に画像を取って、各端子の振り分けを書き込んで保存
d0067943_18102767.jpg

上の画像の配線は怪しいので、スイッチ端子は両基盤とも短絡して、電源の入り切りは
電池のコネクターの抜き差しでやったほうがいいです。
電源パラで片方だけスイッチが入っている状態なので
電池繋いだところで
電源を共通化し、スイッチも一つで2個いけるよう片側のスピコンのスイッチ端子を短絡しました。

このスピコン1セルでもしっかり動作しました(750mAリポ)
遅く走らせる時は1セル、カッ飛びたい時は2セルと
同じ電源コネクタで気分に応じ遊び方を選べる船になりました。これはいろいろ便利です
ちなみに受信機側からの電源供給ではこのスピコン動作しませんでした、1セルでも素直にノーマルの電源コネクタに接続が良いようです。
d0067943_18101012.jpg

船体にはプラバンを使って、スピコン2個と受信機を両面テープで貼り付けました。
シュリンクチューブをなぜ剥いでいるかは、濡れた時に乾かしやすいからです。
これで結果が大満足であれば、プラバンで箱を作って
シリコンコーキング材とかで埋めてしまうのもいいかもしれません。
アクションカメラは船の上に乗せずに、EPPのいかだに乗せて引っ張る予定です。
カメラの視点も低く取れるし、ひっくり返りにくいのもいかだのいいところです。

by mayoneko | 2016-03-22 07:52 | 船舶艦船 | Comments(2)
2016年 03月 21日

格安すぴーどコントローラー調達

3月7日にアマゾンでポチした
998円スピードコントローラー (コントロらーらあ↑ ドラえもん的な発音でよろしく) GoolRC RC ESC 20A
スピードコントローラーてのは車とかボートとか戦車などに使うモーターの回転をラジコンの受信機からの信号で制御するもので、今回のコレはモーターの回転方向をどちらへも切り替えられるところが味噌です。
飛行機に使われるスピードコントローラー(アンプとも呼ばれる)は回転方向を大抵は切り替えられません。
3月18日に中国から直接届きました。もちろん関東への配送料は無料です (凄い時代になったものです)
d0067943_1119553.jpg

100%真新しい。
20Aブラシスピードコントローラ 
だそうです。文体に怪しさがが漂いますが、私の文章よりは怪しくありません。
基本仕様は
動作電圧:3.0V~9.4V。
電流(A):20A
運転周波数:2kHz
入力:リポ2S/ニッケル水素/ニカド4-7セル
ということで、もしかしたら1セルでも使えるかもしれません。使えました
d0067943_1119436.jpg

BEC(5V)レギュレーターらしきものも見えるので、2セル使っても高出力を欲張らず
省エネ仕様で超長運転時間を狙うのもいいかも。
(水上モノは操縦しつづけなければならない空物と違い、水面に放置している時間が長く、へたすると平気で30分以上ほったらかしとか、仲間とのダベリに夢中になってやらかしたりするんですよ その緩さがまた舟遊の魅力でもあるのですけれど)
d0067943_11193069.jpg

FETのフルブリッジで構成されています、
やがてココも安くなったモータドライバーICとかに置き換わったりするのかもしれません。
中華アンプの思い出として10年ほど前は飛行中の中華ラジコンヘリから溶けたハンダとともにFETが機体から落ちてきて機体も落ちるてくるとか面白いこともあったんですが。
今は安いクアッドコプター用アンプですらFETが溶け落ちることは無い感じです。
このアンプが実際どうなのかは使ってみれば解ります、これを使って撮影船を作るつもりです。
いい具合だったら、何個かまた追加で注文したい所です。
誰かこのアンプ使ってこうだったとかありますか?

by mayoneko | 2016-03-21 11:37 | 船舶艦船 | Comments(4)
2016年 03月 20日

木製ヨットの名前が決まらない

庭にある水盤にヨットを活けてみました。
d0067943_10234112.jpg

水盤の中はウォーターコインと蒲の穂の株だらけの水中ジャングルで
ヨットのキールを隙間に差し込む感じ。ここなら沈まないからと乗ってくれる船員もなんとか見つかりました。
問題はこのヨットの名前です。降りてきません。
池での進水式までには、船名をつけなければ。
d0067943_10593919.jpg

さて
今回の自作木製ラジコンヨットで使ったモノは
バルサ板、航空ベニヤ、カーボンロッド、カーボンパイプ、真鍮線、plaフィラメント、PEライン、ガラスクロス
格安dsm2受信機、1.7g軽量サーボ、750mA1セルリポ、ゴミ袋、鉛120g
使った接着剤は対衝撃用瞬間接着剤、瞬間接着剤硬化促進剤スプレー、野外用両面テープ
使った塗料 油性サンディングシーラー、油性ペンキ、オイルステイン、リキテックス(船員の塗り用)
使った工具 カッター、ピラニアのこぎり、厚紙、ペンチ、飲料アルミ缶、刷毛、面相筆、3Dプリンタ、ニッパ、定規、机、ルーペ付きライト、ハンダゴテ、
コピー用紙、カッターマット、ドリル
d0067943_11111040.jpg

今回の工作のために購入したもの 油性塗料(白)のみ
こうやって改めて書き出してみると、私の場合、工作を手軽に始めるには如何にストック環境(在庫や工具)がモノを言うかを感じます、今回の工作で使ったオイルステインなんて20年モノです。
こういった環境が無く零から揃えるとしたら余程気をしっかりもたないと、
アイテム揃えている過程で工作冒険旅行をする気が無くなりそうです。
断捨離が流行の世の中にあって、
いかにモノを捨てずに取って置くかが快適な工作環境を維持する決め手
d0067943_11143948.jpg

とは言え
モノを溜めすぎると、10年たっても使わない部材とか工具に部屋が圧迫されていき、しまいにはどこにあるかも忘れて買ったあとで発見とか よくある話に落ちてしまいます。
そして捨てた後で、必要になるとかもよくある話、
良い加減の貯め具合を会得したいのですが、この修業なかなかに難しい。
生きているうちに習得できるだろうか? 

by mayoneko | 2016-03-20 11:15 | 船舶艦船 | Comments(0)
2016年 03月 19日

すまない 真面目に作れないんだ

「本当に、いい加減な工作活動ですまないと思っている」 
d0067943_1037513.jpg

全長20センチのラジコン発泡スチロールヨット ガブ丸のリンケージ(ぷ~クスクス)です。
PEラインを瞬間で止めて、真鍮線を曲げて作ったガイドを通して、サーボホーンを収縮チューブとカーボンの端材で延長したもので引っ張っているだけです。あとはもう一個のサーボで舵を切っているだけ。
たったこれだけのいい加減メカで、池のどこにいても、スクリュー推進なしの風の力だけで
行って帰ってこられます。
つまり出港した場所に確実に戻ってこれます 
池の巻く風に翻弄されて流れ着いて対岸とかに回収しに行った経験はいまのところないので、
ワタシ的にはこのノリでええんちゃうと思っています。おフランスのMakerサイトにも掲載ザマすよ
「いざとなればデカい舵でこげばいいだけだよ~ん」 
d0067943_10372517.jpg

今回Lチカ工作てきな木工を粘土細工のようにして組み立てた半身船体工作でモチベを得て
(思い込み激しいぃ洗脳しやすい~)
子供ころ子供の科学とか模型とラジオとかにあった地球堂の広告観て憧れていただけの 
:;(∩´﹏`∩);:  
木製ヨットを、ちまちま1週間ほどかけて作りました。次々と襲いかかる初体験の嵐を楽しみながら
なんとなく頭に描いたヨットが徐々に形になっていく様を
時折工作の途中で手を止めて眺めるのは至福の時間です。
d0067943_10373937.jpg

3Dプリントでスタンドを作り自立出来るようになりました。
あとはさらなる至福の時間を求めて、天気の良い日に池で進水式を行うだけになりました。
っと忘れてた
猫船員作るの木彫めんどくさくなってきたので、3Dプリンタで作ろっと 

こだわり薄っ

by mayoneko | 2016-03-19 11:04 | 船舶艦船 | Comments(2)