<   2016年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧


2016年 05月 29日

簡単カーボンプロペラの作り方

薄くて小さなカーボンプロペラはアイロンを使って簡単に作ることが出来ます。

Georgeさんが直径60ミリのカーボンプロペラの作り方を飛行会で公開してくれました。

 現代のモーターと電池でありプロペラの回転数(6000rpm)以下程度、かつ飛行速度7m/s以下の領域であれば大体見ためプロペラらしく作れば、問題なく推力は出てくれます。ダメな時はダメなところを吟味して、そこに注意して作りなおすだけのこと。
ねじりより問題なのは左右の重量バランスで、振動が推力確保の一番の敵ですので、プロペラの左右バランスだけはテープを貼るか、ブレードを削り詰めるかして、振動対策をしっかり取って下さい。ここ大事です
d0067943_1040546.jpg

参考までにプロペラの平面形を上げておきます、これはあくまで一例で、なんとなくそれらしい形であれば
大体いけます。もっとカーブが欲しいとか、細くとか太くとか、各人の好みや要求するものが違うと思うので
適当にいい加減にやれば大丈夫です。
動画では割愛していますが、ビデオでの成形後、さらにネジリなどを微調整したい時は出力を絞ったハンダコテを使って竹ひごを火で炙って曲げるような感じでブレード根本のねじり加減を調整可能です。
要はカーボンプレートは熱によって再変形できると言う点に注目して各人工夫すれば良いということなのです。
最後に出来上がったプロペラを前後左右、側面からよく見て、それらしいなあと感じれば大体は正解に近づいて飛行機に装着して飛んでしまえば、なんであれそれで正解です。
超低速で超軽量な世界はいい加減でもなんとかなりますので、
こまけーことを思考するより試行することを優先することが肝心です。(うん いいこと言ったニャ)


最後に重たいアイロンを持って、遠路撮影用デモ製作に来てくださったGeorgeさん、秘術公開お疲れ様でした有難うございます。

by mayoneko | 2016-05-29 10:55 | 動力関連 | Comments(6)
2016年 05月 27日

アヒル2号艇

d0067943_20231454.jpg

180モーター2個を使って、いちおうアヒル2号艇できたのですが
直進性が強すぎて、速度が出ていると曲がれまへん。
透明の垂直板を少し短くすると曲がれるようになってきましたが、この幅でモーターを配置した場合は
スラスト角3度では足りないようにかんじますが、狭いお風呂でのテストだけなので、広い池でも試してみなければ。ちなみにパワーは有り余っています。
d0067943_20225660.jpg

今回単純な三角平底船首にせずに、底がVカットになるような造形をしています
そのおかげか速度が上がると頭上げで爆走する感じが出て、いい感じです。
これで曳き波が綺麗に出てくれれば言うことなし これも広い池でないと分からんなあ
d0067943_2024516.jpg

一号艇のアヒルをバラして、2号艇を作ったので、あちこち黒い接着剤が残っています。
1号艇では水漏れが全く無かった、タッパウエアですが、アヒルの底に四角の穴をカッターで作って押し込んで接着した今回のタッパは少し水漏れします。穴をキツ目にして少しテンションがかかる状態で接着したので、ケースが歪んで固定されたのかもしれません。ということが分かっても後の祭りで
すでに接着剤でがっちり固定してあるので、困ったにゃ~ 
(四角のタッパより丸のタッパの方が歪みを吸収しやすいかもしれません、あるいは穴を広めにしておいて固定するか)
すでに今回の経験を織り込んだ3号艇の構想が頭をよぎり始めたりして
d0067943_20232967.jpg

いつもの辻堂の池に持って行き、爆走テストしたいところですが、今週末の土曜日はキャリフォルニア祭りで人だらけなので、近所の野池でテストしようかと思います。
d0067943_20243180.jpg

話変わりますが、マイクロギヤードモーターが安くアマゾンで入手できるようになってきたので、手持ちのバギーの予備タイヤに直付して、3Dプリントでフレーム作って各タイヤの回転数も回転方向も自在なクローラー作ってTaranisで制御したら面白いかもんと、トラタヌ中、とりあえず別のモノの試作用にお試しで2個頼んだギヤードモーター待ちですが、ポチ後一週間経ちますがまだ届きません、きっと海を渡って、のんびりやってくるんでしょうが、ここで更に4個追加注文するのはなあ。
マイクロギヤードモーターで検索徘徊しているとタイヤ付きのギヤードモーターってのもあるようですが、残念ながら品切れ
減速比が浅いギヤ付きタイヤも売っているのですが、たぶん速いのでこちらは見送り

by mayoneko | 2016-05-27 21:03 | 船舶艦船 | Comments(0)
2016年 05月 21日

サタデービデオコラム 3本立て グリセリン発煙実験など

アクションカメラRicoh WG-M1は手軽な模型水中撮影の枠を広げてくれた素晴らしいカメラです
黄色い猫潜水艦は今日も絶好調 思い通りに水中で踊ります。

この潜水艦は2基のピッチ制御スラスターを搭載していますが(製作記事はこちら)、大抵は前のスラスターの動きだけで大体の機動は実現できているので、水平沈下動作を捨てれば、ピッチスラスターは一基で十分そうです。となると3個のアンプで3個のモーターを動かすだけの結構自在に動く潜水艦を簡単に作れちゃうんじゃね。
どうもまだ構図決めのコツがつかめていませんが、綺麗な青空を水中から見上げるのは楽しいです。
これでもっとアメンボや水中生物やトンビが沢山フレーム内に収まってくれると、面白い映像になりそうです。
d0067943_12554494.jpg

かねがね池のふちで船仲間と手軽な発煙装置は無いもんかね~と話していましたが、ふしみさんが電子タバコを利用することに気がつきました、早速100mL300円のグリセリンを近所のドラッグストア買ってきて実験、希釈用の蒸留水も買ったが必要なかったみたい。

0.24㎜のニクロム線5㎝の一部をコイル状にしてティッシュで包み直径6ミリくらいのガラス管の中に仕込んでみました。ティッシュにグリセリンを数滴垂らして、通電して呼気を吹き込むと煙が出てきました。吹き込むのが息だと二酸化炭素が多いので、ポンプで酸素が多い空気を送ればもっと煙を出せそうです、また脈動させることで煙の強弱が出て、絵的に映えそうです、風が無風であれば吹き出し口を円にすることでリング状の煙をポッポッと吐く 子どもが書く絵に出てくるポンポン船のドーナッツ煙のような情景も現実に再現できそう。いいな
今回は適当に発熱コイルを作ったので電圧5.45V電流1.38Aと7.5Wも入力していますが
最終的には3.8V1A程度で煙が出るコイルを探ることになりそうです、
ただこの程度の入力で発生熱量が足りるかどうか?1セルにこだわらず2セルならあっさり解決だよね。全長11㎝の船には辛いけど。

by mayoneko | 2016-05-21 13:10 | 船舶艦船 | Comments(6)
2016年 05月 20日

アヒルメカ2号計画

d0067943_20295799.jpg

先週進水したアヒル号は快速をほこりましたが10分ほどでモーターが沈黙
d0067943_20302861.jpg

焼けたモーターは uxcell DC モータ 車のおもちゃ DC 3V、6V 7800RPM 27x20x15mm ボディー カーボン 3枚 と書かれていたモーターですが、中身はこんな感じでした。
d0067943_11181280.jpg

前回の航行会で永野さんのアヒルは、真ん中のこの板だけで直進性が確保できていたようなので、
アヒル2号艇はコンパクトに作ることにしました。ついでに電飾も仕込んで
アヒル灯籠流し的な感じも演出したいと思います。いちばん最初の画像はLEDを中で光らせているのですが、かなり明るく広く拡散するようにしないと、ぼんぼりのようには光らない感じです。
d0067943_20311785.jpg

まず前回に使ったメカをはがし、水密ボックス用のタッパウエアをアヒル内部に半部埋め込みます。
これでかなりコンパクトになると思います。
d0067943_20305394.jpg

前回は水密ボックスを囲む形のメカレイアウトだったので、今回は水密ボックスの蓋にモーターなどが乗るようにします。
d0067943_2031619.jpg

接着は難接着剤用プライマーを使えば、ポリプロピレンであっても簡単に接着できるようになります。
d0067943_20303936.jpg

引き出しの奥からミニッツ用のノーマルモーターを見つけたので、、直径18ミリのスクリューをつけて
負荷テストをしてみました。
d0067943_2030981.jpg

芯さえガッチリ通して振動をなくせば、あまり負荷が上がること無くシンプルな構成でもスクリュー軸を延長できるようです。データ的には無負荷モーターのみ6V480mA、スクリューつけて空中で空回し6V 620mA
水中に入れると 4.28V3Aといった感じでモーターがガンガン熱を帯びます、3A以上は掛けたくないので、スクリュー直径を12ミリにして計測し直すと6V2.9A 18W入力している割には水流が激流ではないので、このモーターだと1セルがいいかもだけど、回っても遅いかも
d0067943_12332186.jpg

この前入手した180モーターの出番かもんと思い始めました。
テストしてみないと。

by mayoneko | 2016-05-20 22:03 | 船舶艦船 | Comments(0)
2016年 05月 19日

100均ソーラーライトを改造した超小型門灯

100円ショップ キャン・ドゥで売っているソーラーライトSOLAR GARDEN LIGHT 星を改造して超小型門灯を作りました。写真撮り忘れたのですが、本来は高さ15センチくらいのパイプの先に透明な樹脂の星が光る装置で、土に突き刺して使うタイプのソーラーライトです。
d0067943_21271962.jpg

100円ショップで購入後2週間ほど野外に置いて実地テストしてからの改造です、充電サイクルがととのってからは毎夜かなり明るく光っていて夜帰宅するさいに光を見るのが楽しみになっていましたが、いざ改造のために裏蓋を開けてみると、ドロっと赤い液体が・・・
どうやら雨がソラーパネルの隙間から侵入してケース内に溜まり、中の電子パーツがのきなみ錆びまくっていました特に電池端子周りの腐食がおびただしかったです。たぶんこのまま使っていたら梅雨時期に早くもダメになっていたかもしれません。まずは電子パーツに湧いた赤錆を全て落とし、スイッチ端子を短絡させた状態にし、LEDの配線を短くしてハンダ付けしなおし、動作確認後基板全てをシリコンバスコークで埋めてしまいました、ついてソーラーパネルと本体との隙間もバスコークで埋めました、これでたぶん当分大丈夫なはずです。コンクリート製の門壁への固定には野外用耐水強力両面テープを使用しました。ガッチリ付いています。
d0067943_21275562.jpg

設置初日最初LEDはカバーをつけずにいましたが、光がきつく強く感じたので3Dプリンタで直径20ミリのLEDカバーを付けました。光が丸く和らいでいい感じです。
私の家の駐車場入口はたいへん暗く、黄昏時の雨の時などにバックで止める際に入り口角の位置がわかりづらく不便でした、ヨレヨレに疲れて帰ったときにクルマの左後ろのバンパーを擦ったことも。
つねづねセンサー付きハロゲンライトをつけようかと思っていましたが、大げさになるので、なんとか簡単な方法は無いものかと思っていました、今回100均ソーラーライトで解決できて大満足
このライトを見てのバック駐車が少し楽しくなりました。
この改造超小型ソーラー門灯、果たしてどのくらい壊れすにいるか?バスコークによる湿気対策効果はどうか? 実は今回の工作の一番のお楽しみ要素だったりもします。

by mayoneko | 2016-05-19 22:00 | よもやま | Comments(0)
2016年 05月 18日

ニッコー iRider 改造

もうかれこれ10年以上経ちますか、テレビの上に飾っていたオートバイだけが残っていて
送信機が無い(見つからない)ニッコーiRider ドゥカティ749S (黄色のやつね) を修理&改造で2.4ghz化してみました。内臓の充電池はとっくにお亡くなりになっておりますゆえ
d0067943_21442022.jpg

もう1台はレプソルホンダRC211V 
どちらも、たしかトイザらスのワゴンセールで980円位で買ったような記憶がうっすらと(いや1台は貰ったのかも)
d0067943_213433.jpg

本来は40MHzバンドのトイラジコンです、全長80ミリの超小型バイクながら
体を傾けてコーナリングする本格派なラジコンバイクで操縦は狭い室内では結構難しかった記憶がありますが、これを常々、2.4Ghz化してきめ細かく制御できたら、さぞやオモロイのではと思い続けて
早10年 ちょうど超小型受信機 DT RX42を壊れた機体からサルベージしたので、組み込んでみました。
d0067943_2131449.jpg

わずか2本のネジを外すだけ分解することが可能です。
この改造で一番時間が掛かった部分が電源スイッチの設置で、ノーマルの時と同じ位置にスイッチを配置するために小さな板を接着して、スイッチの固定を行いました。この位置出しに一番時間が掛かりました。
充電端子もそのまま流用なので、一見してアンテナ以外はノーマルと全く同じ外観を保てました。
あとは受信機のモーター端子に動力モーター、エルロンアクチュエーター端子にステアリング用モーターをハンダ付けしてお終い、10年も放っていたわりに改造はモノの1時間もかからず、
う~んタイミングって大事だなあ
このオモチャラジコンバイクのカウリングの装着方法やメカ類の実装はとても良く出来ていて、ニッコー サブマリーン168のときと同じく素晴らしい出来栄えです。
d0067943_2132684.jpg

60mAのリポがニッケル水素2本分のスペースにきっちり収まりました。
d0067943_2123387.jpg

このバイクは広いところで走らせたほうが断然楽しいので、次回
5月22日の室内飛行会が楽しみです。 
追記
なんかフォーク周りがダメダメでまともに走れないためレプソルのフォークを移植してまともに走るようになりました。フォーク移植のニコイチ改造の様子はこちらでどうぞ

by mayoneko | 2016-05-18 21:45 | ラジコンカー | Comments(4)
2016年 05月 17日

夕方のポンポン船

PWM周波数5hz(5Khzではありません、の自作スピードコントローラーで船を走らせて
さらに動画再生スピードを25%にすると、なんとなくそれらしい音になるような気がします

もうちょと凝った音も将来的には出してみたく、多機能MP3/WAVボイスプレーヤーモジュールを入手してあるのですが、まだ弄っておりません。
いちおうシリアルパルスの幅でMP3ファイルを指定できるので、回転数に応じで段階的に音を変えたり、霧笛を鳴らしたり出来そうです。しかもアンプ内蔵なのでスピーカーを繋ぐだけ
d0067943_20481973.jpg

あとバンでグッドなところでフラフラしていたら、こんなのも見つけました
d0067943_20591534.jpg

もろクルマのエンジンの音みたいですけど、こちらも手軽で良さそうです。
DasMikro Programmable Sound Unit
戦車とか大型艦船ようの超本格的なサウンドユニットもありますが、水没日常茶飯なマイクロ船では勿体無くて。

by mayoneko | 2016-05-17 21:08 | 船舶艦船 | Comments(0)
2016年 05月 16日

あひる艦隊を編成せよ

天気晴朗なれど波高し 
d0067943_149396.jpg

こどもクラブ うきうきアヒル ビックをラジコンにしようブームが来てるかも
進水式のこの日は
d0067943_14133884.jpg

強風アンド波が高い(模型にとっては)中をものともせず力づよく出港
直進性もバッチリだし回頭性もよし、波にも強いし 風速5m/sくらいの風にも向かっていけます
 「いいじゃん」
なんか調子いいじゃ~んと ビデオを撮り終わったところで、船の片方のモーターが死にました。
最初アンプがイカれたかと思いましたが、モーターの配線を外して確かめてみるとモーターが死んでる
いちおう、DC モータ 車のおもちゃ DC 3V、6V の表記をこちらの都合の良い方向で解釈してダメ元で選択したモーターでしたが、集まった仲間に言われました「130サイズで6Vで使えるのは無いわーと」ちなみにアマゾンのここで売っているモーターでございます。あとでモーター分解してどこにカーボンなのかも検証してみよと思いますです、
d0067943_11183869.jpg

ほんとは永野さんのアヒルと艦隊行動したかったのだけれど、この画像漂流している私のアヒルにつきそってもらっています。(笑)
d0067943_11181280.jpg

永野さんの2モーターメカはモーターホルダとスクリューは水中モーター流用で水密は樹脂円盤と平ゴムリングを利用した本格的な防水壁構造。
d0067943_11175982.jpg

モーターの前の先端部分は3Dプリントでノーズコーンを作成されています。
すでにこのモデルの反省点を活かした2匹目を建造予定だそうでどんな感じになるか楽しみです。
d0067943_1481550.jpg

さてと~ こちらのアヒルは
このまま現状のメカを利用して新130モーター入れ替えで1セル行くか?それとも2セルを貫いて180モーター一個とサーボの組み合わせの新造で行くか。
d0067943_1505337.jpg

この日、仲間にいちばん受けたのが、アヒルの水密メカボックスに使った小型タッパウエア
この日の航行では漏水は全くありませんでした。このタッパは蓋が硬いところが良いらしいです、いちおう蓋に記載された銘柄はProo STOCKWARESERIESと表記がありますサイズは82×64×深さ34くらいシマホで買いました。検索してみると タケヤ プルーアルファというブランドだと解りました。参考までに
お知らせ
5月のインドアプレーンの室内飛行会は22日に開きます 詳しくはこちらへ


by mayoneko | 2016-05-16 15:30 | 船舶艦船 | Comments(2)
2016年 05月 15日

マイクロ消防艇 赤猫丸 画像追加

d0067943_12101659.jpg

2016年5月14日1828 辻堂サザン池洋上
d0067943_9424229.jpg

「・・・」
今日がお披露目の赤猫丸、ナイフの切れ目のような虹彩に夕焼けを浴びながらマヨ艇長も他の甲板員も言葉を発しません。
d0067943_1263917.jpg

1230~1630時 今日は風が恐ろしく強い超小型艇には厳しい状況の中、少しでも風が弱い風裏で進水
前日の万全の準備にもかかわらず、モーターの断線、電源入れ忘れの漂流、
d0067943_121153.jpg

あげく大波をかぶり続けての沈没、沈没による電子機器水没による誤動作
d0067943_12114418.jpg

昼に起こったあらゆるアクシデントを全てかいくぐり、薄暮の水面をしずいしずと進む船
濃いい一日でした。
d0067943_1244363.jpg


「いやあ 遊んだ遊んだ」

by mayoneko | 2016-05-15 10:00 | 船舶艦船 | Comments(2)
2016年 05月 13日

消防艇 赤猫丸 完成~ たぶん

夕暮れに溶け込む焼玉エンジンの音 タンタンタン・・・・・・・・・・・・・
d0067943_956204.jpg

「やぁっと まともに動くようになりやしたね」
「あ~ ・・・船が出来てからが長かった」
「放水ポンプが壊れたり」
「舵がきかなくなったり」
「無線機が故障したり」
「ポンプが直ったと思ったら、船内に漏水して沈みかかったり」
「予定していた新人が来なかったり」

「たりだらけだ、今回は散々だった・・・」

「明日はなにも無いといいですにゃ」
超小型造船所で作られた全長11センチの消防艇 「赤猫丸」 は明日観艦式を迎えます。

by mayoneko | 2016-05-13 10:11 | 船舶艦船 | Comments(0)