2005年 06月 13日

トラタヌ猫賊号

トラタヌ猫賊号を上から見た画像です、翼長40センチ、翼面積3.3d㎡前長35センチ2ch総重量4.2グラムでできました、飛ぶのを確認してからシールを貼ろうと思い、ドレスアップはしていません、初飛行は重心位置50%からはじめましたが、かなりダウンスラストをつけた状態でも、やや機種上げ姿勢のため、徐々に前に重心を移して最終的に40%の位置で水平に飛ぶようになりました、以前紹介したスチレンペーパーを熱整形したプロペラを使いましたが、とても効率よく推力が出ているようで、ハーフスロットルで水平飛行ができ、4人でかわるがわるずいぶん長い間操縦しましたが(15分くらいかなあ)、30リポ電池を換えることなく余裕で飛んでいました。テスト後、発泡スチロール製のタイヤをつけて離陸を試しました。2chのため、やや滑走距離はいるものの、これもあっさりゆっくり離陸していきました。操縦性も抜群で舵を一番切った状態で左右旋回とも巻き込まずにでき、最小回転半径4メートルくらいで回ることができます。速度的にもトラタヌ3.3号機より遅く感じるくらいで、これなら幼児から、ごろ寝操縦する人まであらゆる人に対応できそうです。トラタヌ猫賊の飛行7.5Mあります
d0067943_9195699.jpg


# by mayoneko | 2005-06-13 09:20 | 機体 | Comments(8)
2005年 06月 12日

トラタヌ 猫賊号 の巨大さ(笑)

今日はIAC-ASOの第2回飛行会でした、ちょうど良い機会だったので、翼長40センチのトラタヌ猫賊号が飛行会のメンバーの中では一番巨大だという証拠写真を撮りました。中央の巨人機がトラタヌ猫賊号です、motoさんのToon Racerや永野さんのGB-Zと比べてみてください。どうです大きいでしょう、ちなみにこのトラタヌ猫賊号あっさり飛んでしまいました。当初尻下げの傾向があったのですが、motoさん永野さんの助言により重心を前に持っていくことで大変きれいな飛行姿勢
d0067943_23144095.jpg
を見せるようになり、皆さんにかわるがわる操縦していただいて、楽しんでもらいました、見学にいつも来てくれてる丸山さんも、操縦体験しましたが簡単に操縦していました。詳細は月曜日に公開します。

# by mayoneko | 2005-06-12 23:14 | 機体 | Comments(0)
2005年 06月 11日

Centipede ムカデ メカモ ちょっと改造

道草シリーズ第一弾はメカモ センチピード
です、実は子供のころむちゃくちゃこれがほしかったのですが、手に入れることはかないませんでした、たまに行く国立科学博物館の中の産業館に展示されているのを見ては、ため息をついていました、最近になってこのメカモシリーズが復活され、販売されるようになりましたが、なかなかお小遣いをそこに割けず、ほとんど室内ヒコーキに投入していたため、買えませんでした、
ある日、学研のホームページを見ていると、子供が寄ってきて「かっこいいねこれ」と言うではありませんか、ニヤーリ「ふふっかっこいいかこれ、そうかー」チャンスーちょうど子供の誕生日が間近にせまっていたので、「誕生日プレンゼントこれでいい?」と聞くと「これがいい」。ヤッター内心私は小躍りしていました。やったこの名目なら、大蔵省の許しが出るぞと、ちょうど、学研のWEBショップで25パーセントオフのセールをしていたことも手伝って即効購入、長年の夢を子供にアドバイスしながら、できるだけ子供にやらせて、、(箱には組み立て時間2時間と書いてある)ものを1週間かけてじりじりと組み立てていきました最後の山場32本の足付けを子供と3人で協力して組み立て今完成しました。唯一電源投入されているかどうかがが判りづらかったので、室内ヒコーキ赤外線受信機電源監視によく使う青色LEDを仕込みました。動かしてみると、カッコイイー、素敵過ぎます。LEDもなかなかいい味出してます。メカ好きには応えられない動きです。あーカッコエーーーーー
d0067943_2154897.jpg


# by mayoneko | 2005-06-11 21:08 | 道草を食う | Comments(6)
2005年 06月 10日

トラタヌ猫賊号 滑空試験機

昨日の概略を元に、ざっと切り出して組み立ててみました。機体重量1.6グラム
これにjラジコンユニットやもろもろの追加分の2.5グラム(30リポ使用予定)の板鉛を貼り付けて、総重量4.1グラムで滑空させてみました。
調整するとオオーいい感じです。ノターッとゆっくり飛びます。
d0067943_1233531.jpg
飛行時間を欲張らないで、30リポを20リポにすればもう少し軽く出来るとは思います、どうしようかなー、何とか飛行会に間に合いそうだけど、天気がー、いくら室内とはいえ、搬入時は晴れてたほうがうれしいなー。

# by mayoneko | 2005-06-10 12:33 | 製作工程 | Comments(0)
2005年 06月 09日

基本に蛙 へんてこりんじゃなくて普通にする

いままで、天邪鬼な性格のため、へんてこりんな機体ばかり作ってきましたが、ここらで、昔を振り返って、ある程度大きな翼長40センチの普通の機体を作ってみようと思いました。形は昔ながらの形で、今回は動力を切った状態で、軽さ(予定翼面荷重1.3g/d㎡)
d0067943_2322471.jpg
を生かして無風の室内をゆっくり滑空する機体を作ることにしました。一応概略は画像のような構成にしたいと思います。何とか次回のIAC-ASOの飛行会に間に合うと楽しいのですが。

# by mayoneko | 2005-06-09 18:28 | トラタヌプラン | Comments(14)