2016年 09月 28日

アルソミトラ マクロカルパのビデオを発掘

d0067943_21532754.jpg
d0067943_21525473.jpg
飛行会でお会いした方に4年前執筆した「iBook用 マルチメディアブック「滑空のひみつ」

がダウンロードできないとのことで、自分のPCになにか残ってないかと(HD容量少なくて過去のモノは結構消去する性質なので)漁ってみたが破片すらも見つからず、まだ生きていて子供に取られた初代iPadも親に倣って、いらないデータキレイに片付けられていたため、もはや打つ手なし・・・

d0067943_2056414.jpg

ふと思いついて執筆当時に編集者とやり取りしていた添付ファイルの中にビデオと画像をを見つけた。
即YOUTUBEにUPした
Gmailサマサマでありんす。




# by mayoneko | 2016-09-28 10:00 | 機体 | Comments(0)
2016年 09月 26日

人類初の飛行を体験できる幸せ ツインマグナ~す

こんな異形の飛行形態を人類が見るのは、たぶん私達が初めてでしょう。
MINI-Z BAR ANNEXのBokkinenさんが見せてくれました。

ふしみさんの世界を「アッ」と言わせたマグナスのような飛行機から3年

いやあ、まさか垂直に近く立ったまんまで飛行できる、ローターウィング機が出てこようとは。
理論からではなく実践からこそ飛ぶものが生まれる素晴らしい見本です。Bokkinenさんありがとうございました。
久々に震えましぜ
いずれのモデルもそうですが、海外ではものすごくパワーを入れて(3セルハイパワーブラシレスなど)ローターウィング機の飛行を成立させていますが。
これらのモデルで使っているのが7MMモーター2個&(160mAリポ)か2セル(240mA程度の容量)&超小型ブラシレスモーター程度でハーフスロットルで余裕で飛びます、こういったところが又凄いところでもありんすよ。






# by mayoneko | 2016-09-26 12:37 | お知らせ | Comments(2)
2016年 09月 11日

FCとRXとCleanflightを接続

Eachine Micro 32bits F3 Brushed Flight Control BoardにDSM2受信機DasMikro DSM2 5CH 2.4Ghz RC Micro ReceiveのGNDとCH1を繋いでCH2をPPM出力モードにしたものを接続した。

d0067943_20584768.jpeg
基板は最初から電源1セルモードの設定になっていた。1Sと書かれた横のパターンが半田ブリッジされていた。
d0067943_20593948.jpeg
こちらの記事を参考にPPM出力はUART2のRX2に接続した。
d0067943_22425853.jpg

受信機は確実にPPMモードになっている様子、全チャンネルのシグナルが順番でCH2から流れている
DX6iの場合AUX1チャンネルはGear AUX2チャンネルはFlapが対応している様子
スロットル1ch目を下げているので最初のパルスの下がりから次の下がるまでの幅が狭い(1100μセコンド)が見て取れる ニュートラルは1500μとしている。
d0067943_20592019.jpeg
で電池をつなぐと煙が出た、なんと同じコネクタなのに極性が違っていた、この家には同じコネクタなのに極性が逆のリポ電池が混在している、危険過ぎる!
基板に付属のコネクタはHubsanなどのトイクアッドと同じ規格で、ピンが見えてる側で上がマイナス下が+ 画像はすでに入れ替えたもので、他のRCカーなどと同じ配列にした。というかホントこのコネクタの時は線の色をしつこいぐらい確認しないと
イケナイ 
幸いにして、基板は生き残ったようで、Clean Flightをつなぐと、ちゃんと認識した。超ラッキー
d0067943_21222174.jpg
でもReceiver画面で送信機のステックの動きが全く反映されない、でその道の詳しい人に聞いて見ると
ConfigurationのReceiver Modeの設定が出来ていないのではと助言を頂き(有難うございます助かりました)
Configurationの画面を下へスクロールしてみるとその設定が出てきたのでRX_PPMに設定すると
d0067943_21281510.jpg
おお動くぞ、ってことで今日はここまで。
電池コネクタはやっぱ危険なので、近いうちに完全統一の別のコネクタに変えよっと
















# by mayoneko | 2016-09-11 21:40 | フライトコントローラーFC | Comments(2)
2016年 09月 10日

安くて軽くて便利なFC(ふらいとこんぴゅ~た~の略)かも

Eachine Micro 32bits F3 Brushed Flight Control Board(重さ3g20168月購入)は小型飛行体自作派にとって安くて便利なFC(ふらいとこんぴゅ~た~の略)かも?なので調達してPCに繋いでみた。

d0067943_20130882.jpg
まずこのFCのソフトをいじれるアプリCleanflightをダウンロードしてインストールした。このアプリはChromeを利用して動くので普段Chrome使いの私はただストアに行ってアプリを起動だけで済んだ。このあとマイクロUSBをFCにつなぐと、自動的にドライバーがWEBから探し出されインストールされた(私の環境はWIN7 64bit)。
あとはアプリのConectボタンを押すだけで、上記のような画像が現れ、FCボードを傾けるとしっかり追従した。
(あ~ 良かったここでハマらなくて)
d0067943_20133957.jpg
適当に目についた左のSensersを押してみるとジャイロと加速度センサの値を表すグラフが現れる
FCを振るとちゃんとグラフが反応する
d0067943_17382931.jpeg
このFCは4個のブラシモーター出力が予めあるので、それの一部だけを利用して飛行機とかに応用することも可能ぽい
どこまでやれるか分からないが、引き出されている端子かFET制御端子をサーボ信号用の出力端子に変えることもソースを解析すれば出来るかもしれないし、よく探せばこのFCのモーター端子をサーボ端子に変えてあるライブラリも見つかるかもしれないし、目的に沿ったファームそのものもあるかもしれない2motor2servoとか。そうすればオスプレイ的なものや変な形の変なバランスの小さな飛行体をコンピュータ支援で楽に飛ばせるようなことが出来るかもしれないと夢は膨らむ。
小さくて軽くて安い
は凄い







# by mayoneko | 2016-09-10 21:00 | フライトコントローラーFC | Comments(2)
2016年 09月 09日

3周遅れのクアッドコプター

なんか部品が届く頃になると、その部品の新型がリリースされてくるんだよなあ

Eachine Micro 32bits F3 Brushed Flight Control Boardが届いたら新型出てるし、さらにNAZE版も出てるし、それを使った組み立てキットも出てるしでね~付いているカメラは高解像度版だし~ 

(まあ時代はデジタル綺麗だよね~ ということでアナログカメラ乱れやすいよね~にあまり手を出す(お金を使う)のは勿体無いで手を出さんけど)

d0067943_06294870.jpeg
3年ほど前にカップ麺(UFOとかドンベとか)の容器に仕込んで飛ばして遊んでいた、フレームをナイロンで3Dプリントしたブラシモータークアッドコプターを引っ張り出してきた、使っているFCはHubsunのトイクアッド用、今操縦しても十分に安定していると感じるけど好きにPIDをいじれない、そこで迷いに迷ってポチして3週経って届いた、ある程度の範囲ならプログラム可能な

Micro 32bits F3 Brushed Flight Control Board Based On SP RACING F3 EVO Brush For QX90 QX80 Micro FPV Frame

に載せ替えるてみることにした。基板の配線を入れ替えるだけなんで楽そう。DSM2受信機はPPM出力出せると歌うこれ 
 画層一番右の超ちっこいヒゲが生えた基板ね。素直に動くかねコレ
ああ
NAZE32版も試してみたいがあ 安いし送料タダだし まあポチしてもいいっかあ? なんて3か月ほど悩んでいると、また届いたころ新型が出たりするんだよね~ 凄いわ~この世界

ショップのマニュアルが見つからなくなると困るのでここに貼っておく
Notice:

Before applying power, pay attention to the battery voltage selection.
The default shipping is 1S (4.2V); When using 2S, first need to disconnect the short contacts 1S, and then put the two pads on the 2S.
Prohibit shorted together the three pads at the same time.


Receiver configuration:

1. DSM receiver soldered directly to the DSM interface 3.3V, GND, RX3, CF software configuration UART3.
2. PPM and SBUS receiver welded to the UART2 GND, + 5V, RX2, SBUS signal in the CF software configuration UART2.
d0067943_15101433.jpg





# by mayoneko | 2016-09-09 07:00 | フライトコントローラーFC | Comments(2)