ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり

機首が細いグライダーのブラシレスモーター選択で非常に悩むのがモーターのサイズ。
どこが非常に悩むかと言うと機首に収まるかどうかの部分。
これだけはカタログの外径寸法だけでは判らない部分がある。
ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり_d0067943_2251388.jpg

いままで小型なブラシレスで線の引き出しが後方タイプのものしか使ったことがなかったので
グライダーの機首部分の内寸がほぼ判っていればギリにおさまるような
モーターを選べばいいと思っていたが、そこに思わぬ落とし穴があった。
ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり_d0067943_8124472.gif

それは引き出し線の太さ
上の画像を見て貰うと判るが右のモーターのほうが線が柔らかく缶からの引き出し部から直ぐに
曲げられるので機首に収まりも良く、大変取り回しがしやすい。
それに比べ左のモーターは右のモーターよりピーク電流値が低いにも関わらず
電線が太く固く取り回しが大変しづらいので電線の曲げがこわい。
ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり_d0067943_22515930.jpg

そして今回Blade 1.5eに積もうとカタログ寸法から割り出して購入したZ30シリーズモーターは
本体だけであれば機首に収まるはずだったところが電線の引き出し線が太くて恐ろしく固いため
モーター外径プラス1㎝近くの隙間を必要とし結局全く機首に収まらず使用を断念トホホ
値段はGSシリーズに比べ半額だっただけに残念。
仕方無くサイズを落としてGSシリーズの一期前の型でG2213を再度注文。こちらもGSの半額
こちらは収まることは収まったが小さい癖にやたら電線がく固く機首に無理矢理詰めたような形で
グニャリと曲げた電線にかなり負荷がかかっている。疲労していつか断線するんじゃなかろうかと、
まこと精神衛生上良くない状態 (一番上の画像左のモーター)
ブラシレスモーターの選択は悩む 追記あり_d0067943_23381083.jpg

なんだかんだで
旧型で格安のZやGではな、く新しめGSシリーズに素直に最初からしておけば
同ステーター径でもパワーがより上がり、さらに収め易かったと思うとちょっと残念。
結局GSシリーズ一個以上を買える値段分旧型を2個購入した上(しかも送料一回分無駄)
更にいまいち満足できない結果になった。
今後Blade 1.5eとG2213でペラを替えても、どうにも駄目だったらハイペリオン GS2213か他のなにかをまた購入することになってしまい。まさに良いお客さん状態 泥沼状態
このあたりやはり授業料と思うしか無いのだろうニャア
ちなみに3個とも年代が違うモーターを手にとって大変よく解ったのだが
ハイペリオンブラシレスモーターシリーズ
新しい型のものほど仕上げが良くなって来ているし電線の取り回し方も含め
品質が明らかに向上しているように見受けられる。
画像では判りにくいかが、アルマイト処理やメッキも良くなっている。
仕方がないので使わなかったZ30モーターが載るような機体を物色しなくてはならなくなってしまった。
どうしよう
2011/05/22 追記
Blade 1.5e のモーター選択ではケチって迷走したせいで結局最新モーター一個分余計に出費がかさんでしまった。Z30→G13-16→GS2213-14 最初からGSシリーズにしておいた方が楽だった。
ようやくハイペリオン Gs2218ー14 でデータが取れたのでココに記す
カタログは最大電流42A 5秒 最大電流28A 30秒とある
CAM  10*6 12.12V 29.5A 9630rpm 328W
タマゾー10*8 12.26V 35.1A 8610rpm 386W
CAM  11*6 12.39V 34.4A 8700rpm 378W
AN  11*8 12.36V 38.0A 7860rpm 398W
いずれも15秒から30秒以上回さなければ、じゅうぶんいけそうな数値ではあるが
焼くのはいやなので
CAM  10*6 で飛ばしてみて考えることにする。
ちなみにAN  11*8 タマゾー10*8 ではモーターが触れないくらい熱くなったから
あげてもCAM  11*6 あたりににする可能性大。
Commented by kobara at 2011-03-09 18:08 x
細い線でも回転部分に当たりそうなので、後ろから出すようにすればいいと思うのですが、
なぜそもそも前なのでしょうね??
飛行機用なら後ろが絶対良いと思うのですが??
Commented by としちゃん at 2011-03-09 18:28 x
kobaraさんそうなんですよ、なぜ前なのか?
機首から突き刺さることを想定してなのか?
シャフトを反転させて使うのもアリですが、それでは狭い機首部に合わせたテーパー部分の意味がない。
線をうまく逃げたつもりで、高速回転する缶のすぐそばを通っているのでリスクが高いです。実際収縮チューブを被せたコードと缶の隙間は場所によっては1㎜あるかないかぐらいで収まっています。
Commented by おおの at 2011-03-09 19:56 x
なので Blade 1.5e にはインランナーなんです。F5B用のをmotoさんに注文してもらいましょう。
どのモーターも、機体も、専用設計でない限り、これがスタンダードですので仕方ありませんね。フロントマウント用にしてあるのは、これがベターだからで、細い機体にバックマウントは不向きです。
配線は中を通せないならば、外に出して、バルジを作ってカバーしたりします。
私のTaserは、カーボンで配線形状を空中固定して、ある程度フリー状態で押し込んであります。クリアランスは・・・擦っている痕はありますが、擦っていません(笑)
Commented by としちゃん at 2011-03-09 20:04 x
Blade組み立て当初重さ的にもピッタリなZ30を無理矢理乗せようと、おおのさんの言うように外にいったん逃がして、それを小さなフェアリングで覆ってしまおうかとも考えました。ホットライナー系インランナーはもう少し腕が上がってからにします、Bladeのテスト飛行時に一瞬だけ味わえた高速領域での伸びの良さが目についてしまっています。そういえばおおのさんのF3B機体と翼型だけはいっしょのRG15です。
Commented by moto at 2011-03-09 22:08 x
E-Typhoon の過激バージョンでは、こんなセッティングもあるようですよ。

Electric power setup info for my E-Typhoon

Motor: Neu 1110 1Y with 6.7 gearbox
ESC(BEC): Castle Creations Ice Lite 100A
Spinner: 36mm
Prop: Graupner Cam folding 16x13
Battery: Turnigy nano-tech 3S 2200mAh 45-90C
Output = 870 watts

モーター12000円、ギアボックス12000円、+アンプ +大径ペラ・・・4諭吉くらいかな。
Commented by としちゃん at 2011-03-10 07:26 x
motoさんの機体だとホットライナー仕様もタイフーンは機首が長いので対応しやすいですね。ハイパワーモーターにのめり込んでいくのは怖いなあ。ドカーンという感じではなくスルスル上がって行くみたいな感じで十分なのですが。やりようによってはドカーンでもスロットルが調整できるのなら普段スルスルで飛ばすことも可能になりますね、お金が余分にかかるけど。
実機みたいに上昇率を計るようになったりして。

名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mayoneko | 2011-03-08 23:48 | グライダー | Comments(6)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31