浜松ホトニクス D3372とマッドマックス

その昔 マッドマックス3という映画の中で、核戦争後の市場で怪しい安い水を売りつけられそうになる主人公マックスが手持ちのガイガーカウンタで水を測り放射能入り飲料水を断るシーンがあった。(正確には放射性物質入りとなるが放射能のほうが字面的にいいなあ)
まさに現実にこういった事態が起こりつつある今 このとき
浜松ホトニクス D3372とマッドマックス_d0067943_2035322.jpg

ガイガーミュラー管 略してGM TUBE 浜松ホトニクス D3372を手に入れた。
あとは電子びっくり箱(高電圧微少電流でビリビリする奴ね子供の頃良く作ったアレ)作って、
放射線の入射確認は最初はブザーかLED 動いたらPICによるカウンター機能をつけたいなとトラタヌ

このD3372 以前は秋月の絶版キット ポケットガイガーカウンタ(説明書にリンクしています)に使われていた保守部品 今回の放射能災害に合わせ在庫放出されたもので
秋月ツイッターでの告知後(お一人様 一本のみなのだが)ほぼ1時間で数十本が売り切れた。
自作派がいかに心待ちにしていたかが良く伺える。
海外に感度の高いマイカ窓の大きいタイプも発注してあるが、個人レベル発注ではこのGM管特需のなかでいつ届くやら? (取引メールでは15~30日で用意出来るとはあったが)
まあ届いたときが届くときと思って気長に待つしかない。
浜松ホトニクス D3372とマッドマックス_d0067943_20511837.gif

高価なGM管を使わない方法フォトダイオードをGM管の代用として使う回路も見つけた
Gamma-Photon Radiation Detecter

一年後でも良いのでガイガーカウンタ付き携帯電話とか出してくれたら迷わず買うだろう、
GPSやWEBと連携して細かい分布マップなど面白い使い方が考えられる。
iPhone のアタッチメントとアプリでも良いかも
まあその時はガイガーカウンタなんて用無しというか、つい一月前の平均値以下でたいして目盛りあがらず、全然観測冥利が無い数値になっている希望的楽観未来に賭けたいが・・・
現時点3月25日 では とても甘くは見積もれない。
浜松ホトニクス D3372とマッドマックス_d0067943_2145055.jpg

ちなみにマッドマックスシリーズで一番好きなのはマッドマックス (ようするに1作目)
高校生の時映画館に一日中いて見続け日を変え何回足を運んだことか 
 続いて2も相当にはまった (北斗の拳とかに相当な影響を与えたのは間違いなし)
3は・・・ ゲフンゲフン
そういえばの核廃棄物からの放射性物質排水漏れの隠蔽工作に主人公が巻き込まれる映画
チェーンリアクションという社会派のようなアクション映画もあった
 マッドマックスとほぼ同じ時期に上映された映画としては余り面白みを感じなかったが
今まさにチェーンリアクションな日々

でもって実は今一番 もう一度みたい映画は日本沈没だったりする。

今気になっている言葉 マグネシウム文明論 太陽光励起レーザー 循環 矢部教授 
トンデモなのか!?試してみないと判らん

浜松ホトニクス D3372とマッドマックス_d0067943_2110921.jpg

追記
ガイガーカウンタキット在庫アリのサイトを見つけました。メールオーダーではなくポチッだけで購入できます。GM管も単体で売っています。Electrnic Goldmine
部品集めの手間が省けます。送料は17ドルくらい メールで見積もりを取ると結局送料は32ドルだった。
さらに追記
浜松ホトニクス D3372とマッドマックス_d0067943_18141466.jpg
 
上記のキットよりaldinonなどと組み合わせてWEBにログをアップしやすいUSB端子装備&電源供給タイプのこちらモノが洗練されている。
Spark fun ElectronicSEN-09848 が魅力的だが今のところバックオーだ^-状態(2011年4月7日現在)
Commented by Kurita at 2011-03-26 10:24 x
最近の携帯型放射線計測器は、GM管よりも高感度の光電子増倍管とシンチレータを組合せた製品が多いと聞きますが、少し古くなったGM管でというところが秋葉的でいいですね。「浜松ホトニクス」という言葉、なんか日本的SFチックな響きで気に入りました。でも、会社名なんですよね。

マグネシウム文明論は新書のコーナーで立ち読みしたことあります。このような理想的な方法を思い切って導入するリーダーが、今の日本には必要です。利権のからんだ戦後の電源族を一掃する、新しい選択を我々は迫られているんですね。
Commented by mayoneko at 2011-03-26 11:09
kutitaさん見えないモノを見えるようにするモノ作りは楽しいです。グライダーも空気を捉えるセンサーと捉えれば面白いはずです。これからは新しい技術を試していくことをためらう雰囲気では無くなると思います、電気に関しては原発を皆で選んで試した結果、様々な問題が誰にも見えるようになりました卒原発に向けての改革意識も高まると信じたいですね。
Commented by wolf at 2011-03-26 13:14 x
突然すみません、以前よりガイガーカウンターを作成予定でGM管を探してました。昨日、秋月で最後のひとつを入手したのですが(浜松ホトニクス D3372)購入ごネットでいろいろ調べたのですが、作成に必要な情報が見つかりません。mayonekoさんが計画している情報があれば教えてください。作る事はできるのですが回路設計などはできません。また、他社のGM管であれば探し当てたのですが同様として考えてよいのでしょうか?
Commented by mayoneko at 2011-03-26 15:45
wolfさんこんにちは、作成に必要な情報はこの記事のポケットガイガーカウンタと色が付いているリンク先を右クリックでダウンロードしていただければ手に入ります。まずは私も基本この回路を参考に製作するつもりです。他社のGM管であっても高圧部の電圧さえ入手したGM管の規格に合わせれば、あとのカウントなどは同じ回路が使えると思います。あとストロベリーリナックスのガイガーカウンタ回路なども参考になると思います。http://strawberry-linux.com/catalog/items?code=53001 このページにある資料や説明を総ざらいにダウンロードしておいてから見ると良いでしょう。
Commented by 野末 at 2011-03-28 09:50 x
この時期こういったパーツが注目ですね。
ところで、「浜松ホトニクス」はあまり知名度ないのですね。
ここ浜松は地元なので誰でも知ってます。
そして、その技術は世界的にも凄いのです。
光ファイバー関係とか、計測関係とか。一般の人には関係ない製品ばかりなので知名度が低いのかもですね。
僕が高校の時は「浜松テレビ」という社名でしたが、上場されたときに現在の名前になったと思います。
Commented by kobara at 2011-03-28 10:54 x
なんかすごいことになってきましたね、
東京でガイガーカウンタが必要!
映画みたいです
Commented by としちゃん at 2011-03-28 23:10 x
野末さんの地元ですもんね浜松ホトニクス、今回のお題の放射線で出来た光を捉える最新の光電子増倍管などありますが、見るからに値段が医療機器並みに高そうで見積もりメールすら出す根性ありません。
Commented by としちゃん at 2011-03-28 23:13 x
kobaraさん、ほんと映画みたいですが現実なんですよね、しかも当時の映画と違うのはネットでの情報収集が個人でも出来る点でSF映画の上を現実が行っている気がします。
Commented by wolf at 2011-03-29 12:52 x
mayonekoさん、ありがとうございます。参考にさせていただきます。今後も情報交換をさせてください。ちなみに、浜松ホトニクスの話が出ていましたが、昔の記憶で光(赤外線?)通信システム(ビル⇔ビル)のソリューションを扱っていたような気がします。セミナーに参加して、実機を見せて頂いたような・・・浜松ホトニクスさんでしたけ・なんとなく会社名に記憶があったなーと思ってました。(笑)
Commented by mayoneko at 2011-03-29 17:30
wolfさんこちらこそよろしくお願いします。
Commented by よ! at 2011-04-09 16:24 x
お初に書き込みます。
浜松フォトニクス社は、昔は「浜松テレビ」と称していたそうです。(高柳センセイとも関わりが大きい?)
ただ「地元放送局」と間違われる事が多く、現在の社名に変更したそうです。
私も久しぶりに20年くらい前に作った秋月のカウンターを引っ張り出しました。このD3372は寿命が有るらしいので(恐らく他社の相当品も)替え球を探しています。ガンマ線専用と謳っていますが、LND社の714番かCANBERRA社の2411M辺りが互換品ではないか?と思い調査中です…
Commented by としちゃん at 2011-04-09 20:27 x
よ! さんこんばんは、そうですかGM管も寿命があるのですね、LND712とかは手に入れましたが、もんぢは高圧回路のトランスを写るんですかを買ってバラスか、もう使わない昔のデジカメバラシテ取り出そうか悩んでいるところです。
Commented by よ! at 2011-04-11 19:29 x
GM管の寿命に関しては、人づてに聞いたので確かな事はわかりません。でも、WEBで公開されている秋月のキットの説明書の巻末に載ってるD3372のデーターシートにも「寿命は25℃で4500count毎秒の状態では5×10の10乗countです」って明記されてますね…だから時間ではなくて「何回計数したか?」が問題の様です。
LND712はストロベリー・リナックス社のキットで採用されているα線対応のGM管ですね。私もこのキット持ってますが,未だ組み立ててません…(苦笑)
高圧発生用のトランスは,なかなか良いのが見あたりません。ストロベリー・リナックスのキットで採用されているのは冷陰極線管点灯インバーター用に作られたトランスみたいな感じがします,現物の形状からして。だから秋月とかで売ってる冷陰極線管用インバーターを買ってバラしても良いと思います。
あと,サンスイトランスのST-14を使っている人も居ますね。
Commented by としちゃん at 2011-04-11 20:13 x
よ!さんこんばんは GM缶の放電数で劣化が進行するのは納得ですネオン管の劣化にやや近いようなイメージを持ちました。ストロベリーリナックスのキットをもっているなんて羨ましい。あれならUSB接続でログも取れるし。ネットで調べた秋葉原の部品屋でもストロボ用トランス売り切れでした店主が10個単位でみんな買っていくんだよと笑っていました。ここでも買い占めが・・・STー14情報は助かります巻き数比224対1なんですね。3Vで駆動できそうな気もします。あとタミヤのストロボキットに使われているトランスとかもどうかなと思っています。出来るだけ小さく作りたいので。
Commented by at 2011-04-12 12:26 x
ST-14の巻数非は一桁違いますよ…
インピーダンス比が 500:1 なのでその平方根になります。
22.4:1 が正しいです。これでも、フライバックモードで動かせば, 5Vから500Vを一発で作れて居る様なのですが,もしも実際に作ってみて電圧不足ならば、倍電圧整流を行うのが無難ですね。
Commented by mayoneko at 2011-04-12 13:00
よ さんなるほど~、勉強になります。ほんとまともに勉強してないのがバレバレですね~
Commented by よ! at 2011-04-12 22:05 x
ST-14とLND712(互換品?)とPICで自作した方のウェブサイトが有ります。
ttp://einstlab.web.fc2.com/geiger/geiger3.html
ただ、最後に「ST-14が故障した事が有りました」との一文が有るので、本来はかなり無理な使い方をしてる可能性が大きいです。また、整流用のダイオードも普通の50/60Hzを整流する様な製品なのも、無理の一因かも知れません。(この様な高周波の交流を整流するには「ファーストリカバリーダイオード」を使うのが無難だと思います。)
ストロボトランスの小型の物って、吊しではなかなか売られて無い様ですね。秋月電子で売ってるエレバム社製のインバーターユニットのトランスが案外小さそうですが。
Commented by としちゃん at 2011-04-13 21:15 x
よ!さん完成したキットの高圧部にオシロを繋いで電源電圧を変化させて動作を観察していたのですが、その時気がついたのが電源電圧3Vまで落としても結構GM缶動作するんだなあと判かったので、高圧部結構いい加減でもいいかなあとトラタヌしております。私は大昔のデジカメに入っていたストロボ回路を流用する予定です。
Commented by としちゃん at 2011-04-13 21:18 x
ちなみにキットに使う電池は9V電池です。現時点で負荷をかけた状態で6Vぐらいまで消耗していますが動作に問題はないようです。デジタル表示ではないのでかなりいい加減な判断ですが、いちおう動作はしているようです。
Commented by よ! at 2011-04-13 23:07 x
GM管の適正な電圧範囲って確かに割と広いです。
規定値以下だと検出率が落ちます。もっと電圧が下がると「全然検出しない」限界が有ります。
また、適正電圧より高い電圧だと、こんどは内部で放電しっぱなしになって全くだめです。
高圧電源の安定化は、案外難しいので、例えば昔のブラウン管テレビなんかは、東日本と西日本とで電源周波数が違う事から、東西で同期周波数を変えようか?と、真面目に議論されていたそうです。
個人的には「単一1本」で動くGMカウンターを検討しています。(私のサイトで紹介したLED照明の回路を使えないか?考えてます。)
ところで,巻数比が200:1のトランスをカタログ上で見つけました。染谷電子のF19-42という型式です。(下記URL)
http://www.someyadenshi.co.jp/imgs/pdf/t_p052_p053.pdf
でも、個人レベルで少量ロットで実際に入手できるのか?非常に疑問です。
Commented by moha at 2011-04-14 05:16 x
まさにiphoneのアタッチメント作られてます。
http://www.flickr.com/photos/nokton/5616399023/in/photostream
Commented by mayoneko at 2011-04-14 08:37
mohaさん情報感謝です。こういったスマートフォン利用なら取得データをいろいろな形で分析し易くできるし持ち歩けるしデータを送れるし、GPSデータも絡められるし言うことなしですね。
Commented by よ! at 2011-04-14 19:11 x
みんなで持ち歩いて、データーを集約するという使い方はおもしろいですね。草の根的な感じが良いです。
Commented by mayoneko at 2011-04-14 21:59
よ!さん。http://www.pachube.com/map/tags/sensor:type=radiation とかにいずれはupしてみたいです。
Commented by よ! at 2011-04-17 08:19 x
ところで、動作確認はどの様にされてますか?
私は「バックグラウンドがたまに有れば動作してる」って程度しかやってないのですが…
例のストロベリーリナックス製のキットには「動作確認用」として、ランタンマントルが添付されていますが、秋月のキットでは「なんか増えた様な気がしなくもない」程度です。下記のアメリカの店では「資格無しでも可」と謳った線源が一個一万円程度で通販されてたりしますが…
http://www.imagesco.com/geiger/radioactive-sources.html
Commented by としちゃん at 2011-04-17 19:17 x
偶然家の中で放射線を出している古い皿を見つけhttp://trhk.exblog.jp/13345009/、ついでに燐銅ウランも僅かに手に入ったので、それとの比較でいろいろ遊んでおります。
Commented by 通りすがりの放射線科医 at 2011-05-24 16:04 x
断捨離中にこのキットを新品で発見。
嬉しくなっちゃいました。
今は電離箱式サーベイメーターを使っていますがこのキットを10個以上つくっていましたねー
懐かしくてつい書いてしまいました。
Commented by 黒兵衞 at 2011-05-25 08:28 x
陶器の塗料に微量のウランが使われてるって聞きました^^
ガイガーカウンターはそれに反応したのではないでしょうか?
Commented by としちゃん at 2011-05-25 16:46 x
通りすがりの放射線科医さんこんばんは、プロのお話を聞けるとは有り難いです。サーベイメーターも大量生産してはけるのでたら、安いのも出現しそうで期待しています。
Commented by としちゃん at 2011-05-25 16:53 x
黒兵衞さん、こんにちは陶器のとくに緑色の部分に反応しているので、緑の顔料だか釉薬成分に放射性物質が含まれいてると推測しています。持っているウラン鉱は黄緑の結晶部分が強く反応するので、少しは色的に関係あるのかなあなどと妄想してみたり
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mayoneko | 2011-03-25 21:09 | Comments(30)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31