サーマルセンサー ひばりちゃん

春が近づき、ヒバリの鳴き声とともにマイクロSALを楽しんでします。
サーマルセンサー ひばりちゃん_d0067943_88459.jpg

翼長30㎝ほどのヒバリがサーマルを捉える姿は実に見事で、
こちらがいくら投げても、冷たい北風にかき消されるようないサーマルに乗せきれない状態で。
パッとさえずりながら飛び立ったかと思うと
しばらくホバリングし、一定の高度にとどまっていますが、ここぞというところでターンして
見事にサーマルに乗り
ほどなくとても羽ばたきだけでは実現できない上昇率で遥か上空で点になってしまいます。
サーマルセンサー ひばりちゃん_d0067943_8141063.jpg

ならばと、ひばりの飛び立つ方向とタイミングを見てから、グライダーを近くに放り込みますが
これがサーマルにのりきれない
ヒバリは地面すれすれにいて高度20mぐらいの
サーマルの発生か通過を読み切っているのにこちらは読めない

はたしてヒバリは何を目安に飛び立っているのか?

風速4m/sの風が吹くなか、サーマルを捕らえ上昇し、さらに風に流されることなく
狙った高空で一定の場所に居続けられる。翼長30㎝の機体でそんなことが出来るものを作るには
まだまだ修行が足りない。
Commented by やまめ工房 at 2012-03-09 21:33 x
ちっちゃな大先生さすがですね。
先生にはサーマルに色がついて見えているんだと思います。
少しで良いのでその能力わけてもらいたいですね。
Commented by mayoneko at 2012-03-10 09:15
やまめ工房さん小さくても先生達は凄いですね、いたずらにエネルギーを浪費する無駄な飛びをしませんもんね。人の場合ここは一つサーマル乗れなかったらメシ抜きとかの特訓を続ければサーマルハントの術を体得出来るかもしれません。
Commented by 蛸林 at 2012-03-10 10:15 x
サーマルをホバリングして待っていて、来たらすかさず乗るという感じでしょうか?
たぶん来るとフワッと持ち上げられる感覚があって、そこで羽ばたきを止めて身を任せるとサーマルの中で浮きながら一緒に流されていくと言う感じでは?
Commented by mayoneko at 2012-03-10 13:49
蛸林さん、私が観察したパターンではサーマルを捕らえるまで30秒と待たない感じで、とりあえず飛び立ってからサーマルを待ち続けると言うより明かタイミングを見て飛び立っている感じを受けました。
トンビのようにサーマルに入ってから羽ばたきを止めるのではなく、羽ばたきはそのままし続けています。サーマルにはいると上昇率が段違いに変わるのでよく解ります。
さらに旨いと思うのは、かなりの風にもかかわらずサーマルの移動に合わせてどんどん流されていく感じではなく、割と真上に上がっていく感じで(この記事の図のような感じです)、風が強くてもそこには楽に上昇する要素が存在し続けるんだなあと大変勉強になる飛び方を見せてくれるところです。
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mayoneko | 2012-03-09 07:06 | グライダー | Comments(4)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29