ガルガル翼 マイクロSAL

SIW403規格に沿ったガル翼を作りまいた。
ガルガル翼 マイクロSAL_d0067943_1491337.jpg

翼端ペグ回りは前回紹介したカーボンテープにて裏表で90度ほどに繊維方向が交差する感じで表裏一枚づつ貼りました。
ガルガル翼 マイクロSAL_d0067943_14114650.jpg

画像左が表、右が裏です。段差を消す力加減をミスって、一部削りすぎてしまっています。
薄くなりかかった髪の毛のようにも見えるので透けたところは、
あとでマジックでなんちゃってカーボンにしてしまおうと思っています
まあその分強い段差を感じない翼端の馴染み加減が素敵で
強度的には軽量の割にイイ感じが伝わってきます。(この辺りの加工で0.6g増)
この主翼の重量は翼台も込め バルサムクの状態で8.5g 翼端ペグ取りつけで9.1g
サンディングシーラー 一回塗りで10.5g 
余り薄めずに塗っているシーラーがかなりな重量増になっています。
これ以上重さを増やしたくないので、塗装2膜目は薄めたラッカーを一塗りしておしまい。

追記 2倍希釈ラッカー一回塗り追加で10.9g 主翼の左右バランスを取るのに0.6gをペグが付いていない翼端に貼る予定なので、結局は11.5gかにゃ

サンディングシーラー  一回塗りの際マイクロバルーンを混ぜて希釈を上げれば、
もっと軽量化出来てバルサの目が埋まり易く、ツルツルにしやすいかも 
Commented by やまめ工房 at 2012-03-10 19:35 x
ガルの効果絶大だと思います。
操縦感覚が多少違うと思いますがその辺も楽しみです。
飛ばした感想ぜひお聞かせ下さい。
私も次はガルウイング試してみたいと思います。
Commented by mayoneko at 2012-03-10 22:19
やまめ工房さん、操縦性と安定性と滑空性などなど自分にとって都合の良いバランスを探っているところです。今のバランスで操縦感覚がどうなってしまうか私も楽しみです。翼型はCNCで統一してあるので結果が良かった場合再現が容易なところが味噌です。
Commented by ふしみ at 2012-03-11 18:55 x
こちらは10.5gになりました。
舵が普通に利くのならガルも面白そうだなぁ
Commented by mayoneko at 2012-03-11 20:50
このバランスで舵の効きどうなるんでしょうねー???怖いのであの広場の芝生で飛ばせるまで滑空テストですら我慢しています。薄めても最初のサインディングシーラーが10%近くの増量になるようですね。ふむん 
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mayoneko | 2012-03-10 14:19 | グライダー | Comments(4)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29