200815 SSFC飛行会

とても2月中旬とは思えない暖かさの中 SSFC飛行会が開催されました。この時期例年なら室内にもかかわらず着ぶくれて、それでも寒い寒いと言いながらの飛行会ですが、4月中旬並の暖かい陽気のおかげで寒さに弱い小容量リポも元気で、参加者の小型飛行機達もみな快調に飛び、思い思いのペースでマッタリとした時間を過ごしていました。
200815 SSFC飛行会_d0067943_1975241.jpg

今回の目玉はtokoさんが開発中の455khz変調の次世代赤外線RCシステムの実地検証が行われ、体育館などの調光水銀灯や従来の38K 56K との同時飛行 さらには到達距離や赤外線受光素子のシールドありなしでの影響度などさまざまなテストを黙々と行っている様子が印象的でした。 
200815 SSFC飛行会_d0067943_1981737.jpg

またビックリどっきりメカのふしみさんも飛行速度を測るための第一歩としての天頂光を飛行機が通過した際に出来る影の変化を捉える装置をテストしていました。現時点ではシンプルな構成なので水銀灯の調光システムの影響を多大に受けますが、それでも十分、定点通過飛行ゲームの検出装置としても有望で私も勝手に混じって飛行して遊ばして貰いました。
200815 SSFC飛行会_d0067943_1983840.jpg

あと たかはしさんの自分一人で飛行を撮影できるお手製段ボールカメラヘッドバンドがナイスでした、なんといっても、軽量簡単 そのうえ改造がしやすいと良いことづくめです。
それでは飛行会ビデオをどうぞ
Commented by KURITA at 2009-02-16 20:36 x
まったり飛行会にぴったりのBGM。グッドチョイスですね!!
これはもしかして古楽器のアンサンブルでしょうか。そう、バロック以前の。
Commented by Ichi at 2009-02-17 07:56 x
 飛行会はもちろんですが、クールダウンも楽しく、充実した時間でした。色々話を聞くと「本当に僕はまだ何も知らないんだなぁ」と気づきます。
 動画にBGMがつくと大分雰囲気が変わりますね。チョイスによっては邪魔になったり雰囲気が壊れてしまうけれど、今回の選曲はフィットしていますね。
 ふしみさんのセンサは今後が楽しみです。センサの上空を通過するゲームとしての利用も楽しそうですよね。
Commented by としちゃん at 2009-02-17 09:01 x
BGMを入れたいときは、いつも気分でフリー素材から選んでますが、使い方が難しいですね 今回の物はRoyyalty Free musicのFolk Roundという曲を使いました 解説では余り詳しいことは書かれていないので曲の背景は不明です。
ふしみさんのセンサ1点通過だけでも結構難しいんですが  いくつも並べて音が全部違って音符を踏むような感じで 飛行しきったら格好いいですよねー
Commented by 野末 at 2009-02-17 09:34 x
まったりした雰囲気が伝わってくるBGMで、ナイスです。
それにしても、この時期の体育館なのに、みなさん着膨れしてませんねー。土日は初夏でしたもんね。
高橋さんはのカメラ姿は、流石似合いますねー。
Commented by としちゃん at 2009-02-17 16:28 x
野末さん 浜松は更に暑かったようで
たかはしさんあの格好で大阪の地下街に出没していたのですから、凄い勇気の持ち主です。新しい芸のネタかと思われていたりして。
Commented by kobara at 2009-02-17 19:28 x
あ~高橋さんのブログにある動画、大阪の地下だったんですか~~
何か古代大型昆虫にふさわしい、場所だな~と思ってましたが、
そのあとをダンボール鉢巻おやじが歩いていたのかと思うと、爆笑ものですね~~

田中さんのマルチチャンネル化が成功するのを、祈っています。
Commented by たかはし at 2009-02-17 23:53 x
あの地下道は梅田地下街の本当に西の果てで、休日の早朝ともなればほとんど人も通らないんですよう。撮影中見られたのは一人きりです。それでもすごく恥ずかしかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by mayoneko | 2009-02-16 18:04 | 飛行会 | Comments(7)

飛ぶって、楽しいニャー


by mayoneko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31